時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS とらドラ! 10話「花火」 感想

<<   作成日時 : 2008/12/04 02:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

あっと言う間のもう10話。
今期は何故か時間の経過がはやい気がする・・・。

本編まとめ

結局、二人は部屋の怪奇が解けず、眠れない夜を過ごす。
そのまま朝になってしまい、櫛枝を驚かす作戦に頭を切り替えようとするが、それを運悪く北村が聞いてしまう。
だが、大河の口車によって、北村、更に亜美が作戦に加わることとなった。

作戦は近所にある洞窟に仕掛けを施し、そこに行って櫛枝を驚かせるというもの。
しかし、案内役である亜美が、姿を現さない。
やむなく、竜児が呼びに行く。
部屋にいた亜美は、何故櫛枝を楽しませたいのかと竜児に問う。
5秒で応えなければ協力を止めるという亜美だったが、竜児は答えられず。
亜美は5秒カウントし終えると、そのまま部屋を出て行ってしまう。


かくして、本当に協力を止める亜美。
しかし、北村はもらった地図を頼りに、仕掛けを作りにいく。

昼食、北村が戻ってくる。
さて洞窟に誘うとだけ。
そこで、協力を止めるといった亜美だが、彼女が櫛枝を誘いだすことになる。

結局、5人で洞窟を訪れることになる。
櫛枝は北村の肩をつかみ、怯えつつ進む。
そこに、北村が作ったトラップが待ちかまえているのだが、仕掛けたのが彼ということもあり、それはトラップというには程遠いものとなっていた。
呆れる竜児、亜美だが、大河はあくまで北村をかばう。

そこで、不意に壁に手を付く竜児。
するとその手には、女性の髪の毛が絡まりつく。
それは北村が仕掛けたトラップでは当然ない。
北村はそれを竜児が仕掛けたものだと勘違いしたが、無論竜児はその洞窟に訪れてなどいない。
仕掛け側の竜児、大河、そしてターゲットの櫛枝は恐怖に慄く。

その後も、進んでいく一行だが、彼等にあきれた亜美はひとり近道から脱出しようとする。
先に進む3人と、一人別の道を進む亜美。
竜児はどちらを追うか悩んだが、3人と1人ということが響いたか、亜美を追うことにする。


そこで亜美は、竜児に櫛枝はあわないと思う。と竜児を一蹴する。
さらに、彼女は迷ったと嘘を付く。
心配するな、という竜児だが、つまりまんまと騙された竜児であった。

そして、彼女は竜児が月、櫛枝が太陽だと比喩する。
憧れだけでは対等になれない。と呟く彼女だった。
その時、櫛枝の叫び声を聞く二人。
急ぐ二人。

そこには、北村と大河。そして櫛枝のサンダルの片方。
「何か」がいる。
「何か」に櫛枝は被害を受けた。

その後、救出に向かう北村だが、彼もまた闇に飲み込まれてしまう。
大河も、半ば錯乱し、駆け出す。
「何か」にはまる彼女。そこに、消失したはずの二人の声と、光が射す。


つまり、竜児と大河は、逆にはめられていたのだ。
昨晩の髪の毛、服の件は、櫛枝と北村の犯行。
また、洞窟での髪の毛等、全てこの二人の犯行だったのだ。
そしてここで、櫛枝は自分がホラーが好きであるという衝撃の事実を語りだす!

そして旅行最後の夜は、夏の風物詩花火。
亜美との会話の続き。
そして櫛枝と竜児の会話。

幽霊を見せたかった。
櫛枝と竜児、二人はそういった。

かくして、結果的に進展が深まった二人。
そして亜美と竜児。
そして、あまり進展が深まらなかった大河と北村。
この旅行を通じて、皆の心は、どう変化していくのだろうか。




感想

竜児達だけでなく、視聴者である私もはめられた今回。
みのりん・・・策士・・・!

明智君。みのりんが今回もまたおもしろかったわけだよ。
そして大河の出番が少なくはあったがまぁとりあえず良いわけで。
花火がキレイな訳で。
夏っていいな〜・・・。

さて、この後どう動いてくるのでしょう。
今回も色々と伏線が駆け巡った感じです。
特に・・・というか亜美とみのりんの二人。
過去に何かあったにおいがプンプンしますな。

いやもうね。
料理するみのりんと竜児とかね。
ニヤニヤな訳だよ明智君。

くしえだぁぁぁ!
なんだい?たきゃすきゅん!

あとは、KOMACHI!エンジェェル!
階段を・・・ななめ45度で飛ぶ!

そして北村は終始笑いっぱなしだ!
HAHAHAHAHAHAHA!
この二人のテンションの高さは今期1,2位を争うね。今更だけどね。

トイレに行くと大声でいったり、仕掛けが果てしなくアホだったり・・・
北村は相変わらず北村だった・・・!
HAHAHAHAHAHA!

しかし、あの仕掛けも、逆に策だったと思うと、恐ろしいな・・・。


そして、亜美ちゃん。
ビキニのリボンを外した時の竜児のこれなんてエヴァとか。
相変わらず腹は抱えっぱなしでした。


しかし、今回は本当にシリアス。
原作を読んでない私ですが、亜美とみのりんの会話を見てると、どこか切ない。
これは或いは、2クール目からは鬱展開になりそうですな・・・。

さて、今日も何だかんだで大河は可愛かった。
出番少なかったけど、もうそれだけで何でも許せる気がする今宵であった・・・。


来週は文化祭。
前後編で分かれるようだ。
この作品の、ご健勝ぶりに益々期待どころです。


とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]
キングレコード
2009-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



とらドラ! Scene2(初回限定版) [DVD]
キングレコード
2009-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(アニメ感想) とらドラ! 第10話 「花火」
とらドラ! 4 (4) (電撃文庫 た 20-6)クチコミを見る ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2008/12/04 21:20
とらドラ! 第10話「花火」
本当の恋。 ...続きを見る
ミナモノカガミ
2008/12/04 21:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
とらドラ! 10話「花火」 感想 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる