時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS 「DARKER THAN BLACK 流星の双子」 episode 9「出会いはある日突然に…」感想

<<   作成日時 : 2009/12/05 03:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

TBSの電波の悪さには嫌になっちゃうんだよ。
録画できませんでしたorz
しかも気づいたらもう9話。最近忙しくて他のアニメほとんど見れてないという……。


そんなことは捨て置き、感想でも。
前回の記事も書いたのに、接続悪くなってしまい、その後はいろいろあったり無かったりで更新できずじまいとな……


概要
東京に辿り着いたスオウ。カメラマンだった母の写真集を手がかりに、都内のあちこちに残された足跡をたどる。ついに、ゲートの近くにある母のマンションを見つけるが…。


ターニャが死んだと思ったら凱とキコが2期にも出てくるというビックリ展開。
しかしきゃつら、やれば出来るからな…。


今回ちょっといつもと形式変えてみます。
本当はもっと書きたいことだらけなのですが、時間がかかりすぎるのと、眠すぎるのと、文才の無さが災いし、要点だけまとめて、それにちょこっと突っ込んでいくような形にしてみます。



今回要約するとこんな感じ
・黒さんひげ剃ってほぼ1期の頃に戻った!
・アンバー!アンバーktkr!
・三鷹文書を書いたのは案の定アンバーのよう
・薔薇のモーリスはまだやっている模様
・まさかの自虐ネタ
・銀=イザナミ 紫苑=イザナギ?
・蘇芳に接触するマダム・オレイユ
・葉月の母親と、明かされる家族関係
・漏洩される沢崎と葉月の情報
・イザナミの行方を知っている沢崎
・イケメンモードの黒と美咲、再会
・蘇芳と母の再会。そして明かされる真実

うむ。全然わからんな……。

・黒さんひげ剃って(ry
どうやら黒さんは、蘇芳と別れたあとイザナミ…銀の奪還に向かう。
まぁ、当然の行動っちゃそうだな。
そういうこともあり、景気入れというか、心身ともにやさぐれの飲んだくれではなくなったということ。
さながら蘇芳の所業と言っても過言では無いだろうな。うん。
鎮目なんて「根暗のジゴロ」とか言ってたもんね。あの頃とは違うもん!

・アンバー!アンバーktkr!
久しぶりですね。そういえば対価が若返ることだから、昔は随分大人びてたんですよね。
ロリアンバーの印象がどうにも強くていけない。

・三鷹文書を書いたのは案の定アンバーのよう
これはわざわざ特筆すべきでもないですね。前回くらいから言われてましたし。

・「薔薇のモーリス」はまだやっている模様 ・まさかの自虐ネタ
キコと言えばこの作品。なんだかえらく謎が残るアニメだ。1回みてみたい。
「良い感じにシリアスになってきたのにここでギャグキャラ入れるとか誰に需要あるん?」
自虐もほどほどにしておきなさい。
しかしギャグでも全体のハードボイルドな印象を崩さないから凄いねこの方たちは。
ということで、凱もキコも相変わらずで安心。

・イザナミ=銀 イザナギ=紫苑?
三鷹文書にも記されていたイザナミ、イザナギ。
蘇芳の事を3号機関の者はイザナギと評していた。
しかし蘇芳はただの囮ではないか?とは美咲の説。
紫苑も同じ能力を持っていたことを考えると、この仮説が一番しっくり来る。

・蘇芳に接触するマダム・オレイユ
成り行きとはいえ、母親を探すことになった蘇芳。その前にいきなり現れたマダム・オレイユ。
彼女は人の心を読めるとも言ったし、母親が今夜の飛行機で羽田空港を帰ってくると予知した。
未だ謎多き彼女の真意は一体。

・葉月の母親と、明かされる家族関係
「葉月家」は、裏の道に生きることを宿命とされた一族。つまりそっち系列の人だったみたい。
契約者になったことで、自由になった葉月。祖父は操り人形で無くなったことを忌み、勘当。という流れだったみたいだ。
そしてそんな祖父が、母親の死ぬ前に一目あっておけ、と言いに来た。

・漏洩される沢崎と葉月の情報
葉月の祖父が会いに来た、ということは、情報漏れがあったということ。
少なくとも黒さんはそんなことをする必要がない。なれば、他に誰の可能性があるだろう。紫苑?マダム?あたりか。

・イザナミの行方を知っている沢崎
三号機関の上層部でもごくわずかしか知らないというイザナミのその後。
それを沢崎は知っているみたい。彼女はそれ程凄いのだろうか。
葉月も、知っていそうではあるが……そうなれば鎮目だけ知らないのも謎である。

・イケメンモードの黒と美咲、再会。
イケメンモードなんて遠まわしな言い方してるけど、1期のラストがあって、李君というのに抵抗を感じていたり。
美咲は2年前と変わらず、思わず李君という名を口にしている。
にしても…人間髪切って髭剃るとここまで変わるものか……。
よもや前回までとは別人の域だぞ。
動きも何だか身軽になったように見える。

・蘇芳と母の再会。そして明かされる真実
マダムの言葉は真実で、羽田空港で母と再会する蘇芳。
そんな蘇芳を抱いて、母は恋しそうに「紫苑…」と呟く。
蘇芳が自分は紫苑ではなく蘇芳であることを母に告げると、母は恐れすら抱きながら言う。
「蘇芳は8年前、死んだはずなのに」

……ん?
えーと……
ん〜〜〜〜〜……


ナナナナナンダッテーーーー!!!!!!
死んでいる……だと……?
ハァ!?何ですと!!!?

凄い展開になってしまいました…。




さて、考察と行きましょうか。
母の記憶が確かならば、ではここに居る蘇芳とは何者なのか。
今回はそこが一番だよ・・・うん。

いやしかし成程、だから今まで皆紫苑紫苑ばっかり言ってたんだね。
蘇芳なんていなかった。と言わんばかりだった。

低能な俺の頭からひねり出せた可能性は二つ。
一つ目はMEを使って蘇芳に関する記憶を改竄したということ。
父親であるパヴリチェンコ博士が存在を隠匿していた、ということ。

もう一つの説は、蘇芳がドールの可能性。
そういえば1期1,2話でも居たな、似たような人が。ということである。
紫苑のドールが蘇芳、という可能性。

個人的には後者の方が何だかしっくりくる。
まぁ、全く別展開なのかも知れないけれども……。



今回はいろいろ衝撃的な回でした。
黒が少しずつオサーンから爽やか青年に戻ってくるのを見るのが、楽しいです。
あと3話で終わり……とてもそうは見えないが、そんな嫌な現実から俺は背く。

それから、見込んだ通り松吉もとい凱は肝心なところでかっこいい。だから好きだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[アニメ]DARKER THAN BLACK -流星の双子-:第9話「出会いはある日突然に…」
この痛Tシャツ姿の蘇芳のかわいさが卑怯すぎるんだけどw。 ...続きを見る
所詮、すべては戯言なんだよ
2009/12/06 02:07
◎DARKERTHANBLACK-流星の双子-第9話「出会いはある日突然に…」
スオウは、電車にのってた。そして、わかんないよといってた。そこに、ギャラクシーエンジェルのコスプレの子がのってくる。そして、スオウをみて、ヤンデレのキャラに似てないとメガネ友達にいわれる。そして、話かける。ピンクの髪みて、ペーチャ隠れる。ヘイは散髪する... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2010/03/04 18:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
「DARKER THAN BLACK 流星の双子」 episode 9「出会いはある日突然に…」感想 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる