時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9」に参加させていただきました part1

<<   作成日時 : 2010/08/31 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

非常に遅まきながら、今回も、ピッコロさんのブログ「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画に、参加させていただきました。なんとか期日中に間に合う事が出来ました……。

今回は、全16作品を、4つの記事+1に分けて書かかせていただきます。
この記事で評価させていただくのは

「荒川アンダーザブリッジ」
「いちばんうしろの大魔王」
「Angel Beats!」
「おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜」

の4作です。それでは、今回もよろしくお願いします。


------------------------------------------------
荒川アンダーザブリッジ

ストーリー 3
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5

激しく好き嫌いが分かれる作品だなぁと思います。好きな人はとことん好きだが、そうでもない人には面白さが分からない。あるいは飽きが来る。私個人としては、この作品のテンポに魅了され、すっかりはまってしまいました。無論、回を重ねるごとに、話として、更には例のシャフト演出としてのマンネリ感を感じることもありましたが、テンポ自体も良く、とても見やすかったので好印象。
何より、私がこの作品で一番評価したいのは「ギャグとシリアスの調和」にあります。通常この二つは二律背反でありながら、この作品ではこれらが足を引っ張り合うのでは無く、見事な均衡の元同座し合っている。これにはただただ感動せざるを得ません。
そういった点にも着手しての高評価。2期もあるということで、今から楽しみでなりません。

総合点 27

----------------------------------------------
いちばんうしろの大魔王

ストーリー 2
キャラクター性 5
画 5
演出 3
音楽 3
総合的な評価 2

終盤での超展開に、思わず口がポカンとしてしまった作品。致命的な描写不足は隠せ得ない。
ただ、そんな時間の不遇がありながらも、ここまで良いテンポで突き進めたことは評価したいところです。
中盤程度までの展開には特に不満は無く、勿論駆け足ではありましたが、そのことが逆に「早い割に見やすいなぁ」という印象さえ与えられました。
しかし、いくらテンポが良かったからと言って、それだけでは弁護し切れないところも確か。1クールというとても限られた時間の中、あまりにも無茶な構築だったのでは無いのだろうかと。
他にもキャラクター、設定、そして物語そのもの自体は素晴らしかっただけに、とても惜しまざるを得ません。
2クールあればどうなっていたのか……と夢想してしまう。そんなアニメでした。

総合点 20

---------------------------------------------
Angel Beats!

ストーリー 2
キャラクター性 5
画 5
演出 1
音楽 5
総合的な評価 2

何だかとても惜しい作品。
まず何より、アニメとしての「流れ」を感じないと言いましょうか、「キャラが動いてイベントが起こる」のでは無く「イベントがあってキャラが動く」みたいな、そんな印象をうけた作品。
それ故、場面場面が継ぎ接ぎというか、とても細切れに見えてしまい、そこで大きな違和感を覚えてしまいました。
ゲームのシナリオとしては適しているのかも知れませんが……ハッキリと「アニメとゲームのノウハウの違い」というものを見せ付けられる作品となりました。加えて、尺の短さの問題もありました。
他にも、とても魅力的なキャラクターを用意しながら、彼らの魅力を上手く料理することが出来なかったところも残念至極。主要メンバーの描写に偏りすぎて、脇のキャラクター達をあまりにゾンザイに扱いすぎているように映りました。
作中で出てきた「NPC」等の定義は最後まで曖昧のまま。そういった、事細かな設定まで部分の設定も甘く、荒唐無稽に感じられてしまったことも残念。
それでも、世界観や各種設定は非常に魅力的なものが多く、アニメとしてでなく、例えばゲームなどでじっくりと丁寧に描いて欲しかったと、ただ悔やまれる作品です。

総合点 20

------------------------------------------
おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜

ストーリー 4
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 3
総合的な評価 5

1期未視聴です。
何より、野球描写がすごい!圧巻の一言。あまりの巧緻な作り込みに、野球に興味のないはずが、思わず見入ってしまった。選手の感情、監督やベンチの動き、更には応援団による応援まで、細部に渡って追求されていて、十分な見応えを感じました。ここまでスポーツ描写そのものを極めた作品を、私は他には知りません。
そして、野球を通して見えるキャラの微細な感情の動き、絆、そして成長物語には、思わず涙が。人間ドラマとしても、抜群の優秀性をもっているように伺えました。
野球があまり好きではないという人でも、十分に楽しめる力作だと思います。実際私もそうでした。
2期からの視聴というものには抵抗感がありましたが、こういった名作と出会えて、見て良かったなぁと今はただ反芻しています。

総合点 26





part2へ続く……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9」に参加させていただきました part1 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる