時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?10」に参加させていただきました part3

<<   作成日時 : 2010/12/06 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今回も、ピッコロさんのブログ「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画に、参加させていただきました。
この記事は、par3となります。どうか、よろしくお願い致します。
また、アニメの評価記事としては、これでラストになります。


今回は、全15作品+ベスト評価を、全4記事にまとめさせていただきます。
この記事で評価させていただくのは

「セキレイ〜Pure Engagement〜」
「戦国BASARA弐」
「HEROMAN」
「みつどもえ」
「RAINBOW 二舎六房の七人」


以上の5作品です。また、評価順は50音順となっております。是非ご参照ください。

-----------------------------------------------
セキレイ〜Pure Engadement〜

ストーリー 3
キャラクター性 5
画 2
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3

1期よりも、更に物語の深部へと突っ込んでいく形となりました2期。ようやく物語に深みが加わり、単に「ハーレムアニメ」という認識から、「バトルアニメ」という認識へと昇華させていただきました。
皆人やセキレイ達に「戦う理由」が出来、鶺鴒計画の謎も徐々に明かされ、果たしてこの後どうなる――!といったところで終わってしまったことが非常に残念。
3期への布石と言えば聞こえは良いですが、やはりこういう最後はあまり好きになれません。
それから、他に語るべきと言えば、作画の問題でしょうか。1期の頃と同様不安定で、話ごとに落差が激しく、とても目につきました。
作品の大きな転換点であった鈿女の回で目についてしまった事が、今でも残念です。

総合点 19

-------------------------------------------
戦国BASARA弐

ストーリー 3
キャラクター性 5
画 3
演出 2
音楽 3
総合的な評価 3


1期で見せてくれたハチャメチャっぷりがほとんど無く、せっかくの設定を完全に殺してしまっていました。この作品はテンションと、馬鹿っぽさが最大の売りであるはずなのに、それを潰してしまって一体どうして名作たり得ましょう。
作り手側が1期の制作で培ったものは、おざなりなシリアス展開にすることだけだったのだろうか……制作側と視聴側との価値観のズレが、あまりに肥大化されていてとても残念。
単発的な、尺稼ぎを思わせるような回も多い。勿論、最後の最後で盛り上がりを回復し、物語も綺麗にまとまっていましたし、秀吉の海断絶といったこれまた強烈な演出を見せてくれましたが、ほとんど「劣化1期」と呼んでも過言ではなかった出来だったと思います。


総合点 19

----------------------------------------
HEROMAN

ストーリー 2
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 3
総合的な評価 2

最初は、アメリカンヒーローとジャパニメーションの見事な融合をマジマジと魅せつけられて、満足しています。中盤の展開も、キャラ、物語共に深みを持たせていき好印象。
しかし、残念なのは最後の最後。ある程度のご都合主義展開はそれまでもあったとはいえ、根性論で片付けるという終焉には、思いっきり萎えてしまいました。
素材や魅せ方、キャラがとてもよく描けていただけに、逆にその尻すぼみが目立ってしまっている……典型的な「オチで評価を落とした」作品となってしまいました。
上手くいけば2期もありそうなので、地味に期待しています。

総合点 20

-----------------------------------------------------
みつどもえ

ストーリー 3
キャラクター性 5
画 4
演出 4
音楽 3
総合的な評価 4

下品なネタが多かったものの、それを堂々とやり通す器量の深さには辟易せざるを得ません。
登場人物も、丸井家の3姉妹を中心にとても強い個性があり、彼女たちを取り囲んだハートフルなギャグに、頬が緩んでしまいました。
2期の制作も既に決定しているようで、そちらも今からとても楽しみです。

総合点 23

-----------------------------------------------------
RAINBOW 二舎六房の七人

ストーリー 4
キャラクター性 5
画 5
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4

表現は悪いですが、前半の少年院編が一つのピークとなってしまったように思います。あまりに過酷だった少年院編の印象が根強く定着してしまい、後半の娑婆編での展開では物足りなく感じてしまいました。
しかし、前半で培われた「絆」。そしてそれを軸に描かれる人情ドラマには、涙させられました。残酷描写や、一部グロテスクな描写を堂々と使用した、無情な世界観も非常にツボにはまりました。
ヘイタイの物語が描かれなかった事がとても残念ですが、非常に気持の良い締め方だったことも好印象。こういった作品こそ、より多くの人の目に触れ、評価されてほしいと思います。

総合点 26


part4へ続く・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今期(9月終了)アニメ評価in星屑の流星群
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人というところのブログで 9月終了アニメの評価募集があったので僕もその企画に参加したいと思い 記事を書きました。 とは言え、僕は深夜枠は好きな作品が限りなく少... ...続きを見る
星屑の流星群
2010/12/07 17:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?10」に参加させていただきました part3 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる