時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 第13話「形而上のネクローシス」 感想

<<   作成日時 : 2011/06/29 21:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 23 / コメント 0

ククク……まゆしぃはあと6回の死亡パターンを残している……
公式サイトはこちら

あらすじ
ラボを強襲してきた萌郁の凶弾に倒れたまゆり。最悪の事態を前にして身動きが取れない岡部たちだったが、そこに姿を消したはずの鈴羽が現れる。素早い動きで襲撃者たちを次々と倒した彼女は、「42」「ブラウン管」「点灯済み」とつぶやく。それを聞いた紅莉栖は完成したばかりのタイムリープマシンを起動させ、岡部は過去へ時間を巻き戻すべく叫んだ――...




さて、ついにジェットコースターを下り始めた今作!ついにオカリンが時をかけます。
その永遠とも思える時空の旅の先に待ち受ける運命。オカリンの悲壮と覚悟。もう一秒たりとも見逃せません!
そして今回からついに後半戦。第6章に突入です。






普段、狂気のマッドサイエンティストを名乗り、まゆりを人質扱いしているオカリンですが、Aパートの冒頭で、その経緯が語られます。
オカリンとまゆしぃ。この二人の切っても切れない強い関係。恋愛感情すらも超越するような、人間としての結びつき。それは、これからオカリンが辿る限りない旅路の、唯一無二の原動力になります。


タイムリープマシンが完成したものの、その使用を中止したラボメン達。紅莉栖が語ったように、成功するかもわからない。もし過去に跳べても、脳が異常をきたすかもしれない。そんな未知の危険を秘めた禁断の機械です。
しかし、それを「使わざるを得ない」状況を作り出す。今作はここまでのプロセスっていうのが非常に上手で、日常性と非日常とのバランス、そこから押し寄せる非日常性へのシフト。まるで上質なサスペンスでも見ているような、恍惚感とカタルシスがあります。
加えてオカリンという人物の人間性が、この異常な世界観に一気に惹きつける。「跳べよおおおおおお!」この叫びには、原作同様慄えました。


バイト戦士の超絶技巧っぷりが半端ないですが、「戦士」だから仕方ないね。実際、彼女がここまで強いのにはきちんとした理由があります。大体の視聴者は、既に彼女がどういう人物なのか見当が付いてきている頃ではないでしょうか。
それから、突然発せられた煙ですが、これは未来ガジェット4号機「モアッド・スネーク」の所業!その元ネタとなっているゲームがゲームなだけに、リアルの実用性もずば抜けております。目眩まし程度ではありますが。




さて皆さん、今回の2つのまゆりの死のパターンを見てお気づきでしょう。まゆりはもう少しだけ死につづけます。
世界線が変わらない。それは即ち世界がまゆりの生を拒絶しているということ……つまり、わかるな?
厳密に言えばもう少し違う原理なのですが、そのあたりの説明はもう少しでとある人物によって成されるでしょう。
オカリンは実に、まゆりを救う為に何度も孤独な旅を続けていくことになります。OPの歌詞にて表現されている「孤独の観測者」。その意味がようやく痛感できた回となったことでしょう。


そして原作でもまゆしぃは死にまくります。今回の電車事件は、そんなまゆしぃの死に方の中でもかなりのトラウマレベルとなっております。
ちなみにもう1つとっても凄惨な死に方を迎えるのですが、次回は見事に再現されることに期待。とりあえず、そのシーンのCGが取れずに最後に回したせいで後味最悪になった犠牲者は多いでしょう。そう、ボクのことさ!
閑話休題。今回の事件で、視聴者全員に見事なトラウマを植えつけてくれた綯さんですが、実はこのおてんば娘は今後もまだまだトラウマを植えつけてくれるZO☆
ボクは意外と幼女キャラが好き(ロリコンじゃねぇ!)なのですが、この綯という人物を好きになれない理由は、とりあえず今回でさわりの部分はわかっていただけたとおもいます。


まゆりが死に、死にまくり、そんな運命を変える為に時間を跳躍し続けるオカリン。
     /  λ
     〜〜●〜   あのね、オカリンに
    / ´・ω・)   「この程度なら筋肉で止められるから平気だよー」
 _, ‐'´  \  / `ー、_   って言おうとするんだけど、
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ  その度にすすーっとタイムリープしていっちゃうのです
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


まっちょしぃにかかれば電車の方が危ない。



しかし、電車のシーンは鳥肌必至。まるで異次元にでも迷い込んだような、あまりに奇妙で奇怪な情景。
地下鉄に吸い寄せられるかのようなまゆりの姿は原作そのままなのだけれど、その後処理までが描かれたことは、わかっていたはずなのにあまりにショックでした。
無情にもまゆりの肢体を奪い、轟音を立てながら停止する地下鉄の姿と、その窓から挿し込む光と闇のハイライト。オカリンのまるで生気の無い表情が語る、悲哀も憎悪も越えた機械のような感情。彼の中にただ冷たく佇む「使命感」という感情が、強烈に胸をえぐりました。

どう抗っても変えられない世界の運命。その中で必死にもがいていくオカリンの姿。さぁ、これこそがシュタインズ・ゲートの醍醐味です!
様々な人物の思いが交錯し、それをオカリンがたった一人で抱えていく事になります。そうして孤独なはずの旅の中、彼の異変に気づく人物が一人、それこそが「牧瀬紅莉栖」。
タイムリープマシンの創作者だからこそ、そして無いよりここ数日、岡部倫太郎という人物と親密に交流を交わしてきたからこそ、誰よりも早く彼の異変に気づきます。これから先は、オカリンと紅莉栖の物語にも非常に注目していくとベスト。



ということで、ついに本作がその頭角を現してまいりました。原作既読組としても、本当に次回が待ちきれない!それくらい、この辺りはワクワク感に満ち溢れておりますね。この調子であと3ヶ月とか……気が狂っちまいそうだ!
まだ物語はうごきだした「ばかり」。とりあえず全エピソードの話は詰めてあるらしいので、次は例の二日間を目指して楽しんでいきます。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STEINS;GATE 史上最強のスライトフィーバー (1) (角川コミックス・エース 158-9) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ランキング参加中!
クリックしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
秋葉原ネット

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Steins;Gate 第13話 「形而上のネクローシス」 感想
絶対絶命 ...続きを見る
crystal cage
2011/06/29 21:43
Steins;Gate 第13話「形而上のネクローシス」
『ラボを強襲してきた萌郁の凶弾に倒れたまゆり。最悪の事態を前にして身動きが取れない岡部たちだったが、そこに姿を消したはずの鈴羽が現れる。素早い動きで襲撃者たちを次々と倒した彼女は、「42」「ブラウ... ...続きを見る
Spare Time
2011/06/29 21:44
第13話 『形而上のネクローシス』
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 「跳べよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」 もうヤダ…心が折れそうなんですけど……深夜だから余計にキツイですね。1週間、また暗い気持ちで過ごすことになりそうです(苦笑) では、以下レビューです ↓ ...続きを見る
冴えないティータイム
2011/06/29 22:08
STEINS;GATE 第13話「形而上のネクローシス」
まゆりの死を回避する方法はあるのか?  倫太郎のエンドレスなんとか(違)が始まる! バイト戦士が帰ってきてSERN工作員を鎮圧。 萌郁と銃を向け合い、倫太郎に過去に飛ぶよう叫ぶ。 ...続きを見る
SERA@らくblog
2011/06/29 22:08
Steins;Gate 第13話「形而上のネクローシス」
PSPソフト「STEINS;GATE」OPテーマ「宇宙エンジニア」&Xbox 360ソフト「STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん」EDテーマ「永遠のベクトル」(2011/06/22)いとうかなこ商品詳細を見る  まゆしぃが死んでしまう絶... ...続きを見る
破滅の闇日記
2011/06/29 22:14
Steins;Gate 第13話「形而上のネクローシス」感想
まゆしぃ・・・(ρ_;) ...続きを見る
らび庵
2011/06/29 22:17
Steins;Gate #13 「形而上のネクローシス」
 倫太郎の飛べよー!が良かったです。 ...続きを見る
つれづれ
2011/06/29 22:19
STEINS;GATE 13話
まゆしぃ轢かれすぎ。 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2011/06/29 22:40
STEINS;GATE 13話『形而上のネクローシス』
「タイムマシンはSERNが回収する」 ...続きを見る
本隆侍照久の館
2011/06/29 22:41
STEINS;GATE 13話『形而上のネクローシス』 感想
まゆしぃ……凶真……(´;ω;`) ...続きを見る
てるてる天使
2011/06/29 22:42
シュタインズゲート第13話『形而上のネクローシス』
何度でも、何度でもッ!!><; ...続きを見る
アニメ好きのケロポ
2011/06/29 23:36
アニメ「Steins;Gate」 第13話 形而上のネクローシス
「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー001☆岡部倫太郎(2010/11/24)宮野真守、岡部倫太郎 他商品詳細を見る 殺させない!まゆり、絶対に助けてやる!! 「Steins;Gate」第13話のあらすじと感... ...続きを見る
午後に嵐。
2011/06/29 23:45
Steins;Gate 第13話 「形而上のネクローシス」 感想
前回に続き、今回も衝撃の展開でした。 ...続きを見る
ひえんきゃく
2011/06/30 00:01
Steins;Gate:13話感想
Steins;Gateの感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2011/06/30 00:04
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第13話 感想「形而上のネクローシス」
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、椎名まゆりが桐生萌郁に撃たれてしまう衝撃的展開、阿万音鈴羽が乱入し萌郁と対峙、牧瀬紅莉栖も撃たれるなかで、岡部倫太郎は時をかけて未来を変えようとします。 オカリン真剣なので、ルカ子も食堂のおばちゃんもほとんど相手にせず必死にまゆしぃ☆を探します。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/06/30 00:12
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 13話「まゆ死ぃ。オカリンはほむほむである」(感想)
死からは避けられない。 死の必然性から逃れられない。 死の運命は覆らない。 ルートを変えても最後に待つのは「死」でした。 ...続きを見る
失われた何か
2011/06/30 01:00
Steins;Gate 第13話
Steins;Gate 第13話 『形而上のネクローシス』 ...続きを見る
刹那的虹色世界
2011/06/30 13:38
終わりの始まり 朝夕のmuestra del dibujo animados
シュタインズ・ゲート#13「形而上のネクローシス」 神のみぞ知るセカイU FLAG LAST 花咲くいろは 第13話 ...続きを見る
義風捫虱堂
2011/06/30 22:34
「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #13『刑而上のネクローシス』
 #13「刑而上のネクローシス」 ...続きを見る
おきらく委員会 埼玉支部
2011/06/30 22:53
Steins;Gate 第13話 「形而上のネクローシス」 感想
変わらぬ事象・・・ ...続きを見る
アニメとゲームと情報局!
2011/07/01 02:51
STEINS;GATE 13話 「形而上のネクローシス」(アニメ感想)
【あらすじ】 ラボを強襲してきた萌郁の凶弾に倒れたまゆり。最悪の事態を前にして身動きが取れない岡部たちだったが、そこに姿を消したはずの鈴羽が現れる。素早い動きで襲撃者たちを次々と倒した彼女は、「... ...続きを見る
アルベロの雑木林
2011/07/01 22:46
Steins;Gate 10.11.12.13話 感想。
お久しぶりです。みっくんと申します┏○・・・一ヶ月も更新休んでたワロスww(殴w 誰も待ってやしないクソブログですが、今週はゆったりできたのでまったりと記事書いていきます♪ ...続きを見る
追憶の本屋
2011/07/03 13:07
「Steins;Gate」13話の感想
「Steins;Gate」13話、観ました。萌郁は、SELNの手先だったのか?!ラボを強襲してきた萌郁の凶弾に倒れたまゆり。最悪の事態を回避するため、オカリンは完成したばかりのタイムリープマシンの使用を決意。クリスが起動させたマシンは、予想通りの性能を発揮し、オカリンは3 ...続きを見る
最新アニメ・マンガ 情報局
2011/07/19 00:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 第13話「形而上のネクローシス」 感想 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる