時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS 遊戯王ZEXAL #14「『銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)』降臨!」 感想

<<   作成日時 : 2011/07/11 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

とりあえずギャラクシーアイズの語呂の悪さはどうにかならないのだろうか
公式サイトはこちら




あらすじ
たった1ターンの間に、2体ものNo.(ナンバーズ)を召喚したカイト。遊馬はこの猛攻を必死に耐えようとするが、瞬く間にモンスターを全滅にまで追い込まれてしまう・・・!
さらにカイトは、これまでに見たこともない最強モンスター「銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)」を召喚するのだった!!



さて、今回は題名にある通り、いよいよ今作の青眼枠である「銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)」が姿を現します。
ぶっちゃけナンバーズを狩ってないよねというのは密に、密に。それでは今回も書いていきます。





画像

カイトのエースモンスターであり、次パックのパッケージを語る「銀河眼の光子竜」が遂に降臨!
パッと見かっこいい!すっごい神々しい!翼がふつくしい……と思ってよくみたらそれほどでもな(このコメントは破滅のフォトンストリームされました)
しかし、そのなんとも言えない微妙なダサさが、私の心を射止めるのにさほど時間を要さなかった。
効果も爽快なまでに微妙だし、こういうモンスターを見ると異様に血が騒いできます。




ちなみに銀河眼の効果は、エクシーズへのピンポイントすぎるメタ。
これまでの歴代類似モンスターを並べても、通常モンスターで使い勝手のいい青眼に、万能なサイドラ、汎用性の高いレモンと居るなかで一人だけ非常に浮いている印象です。
いやまだだ……これから先環境がシンクロからエクシーズに移行すれば……高騰する前に、発売と同時に買い漁るんDA!(チラッ


現行のOCG環境ではちょっと(誰がなんと言おうとちょっとです)残念な銀河眼さんですが、エクシーズが主体であるアニメの舞台では、その活躍を存分に堪能することができそうです。





前回、その見事なデュエルタクティクスを発揮してくれたカイトだけど、ドロー力の方も確かなようで。
ハンドレスの状態から、次へ次へとどんどん繋げていける。運も実力のうちといいますか、そもそも修行次第でドロー力をアップできる世界だから仕方ない。強い人は、ドローを制する運命力も強いってたくまくん言ってた。アポリアを馬鹿にするな!







そんなデュエルの裏で、物語は静かに動き始めます。
案の定といいますか、ハルトはDrフェイカーに体よく利用されているようです。人間界とアストラル世界。ハルトは二つの世界をつなぐ門のような役割。さながら遊馬の持つ「鍵」と同じということでしょうか。
そして、ハートランドのいう異世界科学。どうやら物語の舞台は、人間界とアストラル世界。そしてそれすらも超越した様々な世界へと移っていきそうです。
Drフェイカーの目的はアストラル世界の破壊。もし人間界とアストラル世界。それらが肉体と精神のように表裏一体なものであるとすれば、それは直接的に人間世界の破壊でもあります。ハートランドのいう異世界科学、「スフィアフィールド」、そしてナンバーズ……。フェイカーの目的は、アストラル世界の技術掌握にありそうです。
もしそうであるならば、今回の銀河眼がそうであったように、フェイカーもまた人間に対するメタ的な存在になろうとしているのでしょうか。




画像



リバイス「どうやら遊馬のサブエースは俺で決定みたいだね(キリッ」

呼んでません帰ってください。
……とはいえ、実際問題ランク3のモンスターの中で一番使えたりするから困る。攻撃力2500のバニラと割りきってしまえば、中々どうして頼もしく見えてくる。まぁ銀河眼の効果くらったら紙同然だけd(この文章はバイス・ストリームされました)
本編でもホープの噛ませにされるし、リバイス(´・ω・`)カワイソス







画像

画像

アストラルすらも凌駕する、圧倒的な敵を前に崩れ落ちる遊馬。自分の知らない世界の大きさと直面し、少年は何を思うのでしょう。ハートランドによって提案された「ワールドデュエルカーニバル」。遊馬これからその大会に出場することになるのだろうけれど、それまでにこのトラウマを克服できるでしょうか?
遊馬は歴代主人公と違って何度も挫折してほしい。そして最後には立派なデュエルキングとして、私たちの前に現れてほしいものですね。ゼアルでは、特に「成長物語」に大きく期待です。


遊馬の挫折は必要な要素であるにしても、アストラルの圧倒された表情は正直とても印象に残りました。
天才デュエリストである彼ですら、立ち向かえないほどの力。彼は遊馬の支援者であったけれど、この敗北を機に、一人のデュエリストとしてどういった方向に進んでいくのか、非常に注目したいところです。



次回「死闘、決闘庵 伝説のモンスター復活!!」

シリーズ定番のDMリスペクト回!カイバーマンの時のように、過去の英雄モンスター達との戦いによって遊馬がいかにトラウマを克服するのか、とても楽しみです。あとBMGの太もも。







ランキング参加中!
クリックしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
秋葉原ネット

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◎遊戯王ZEXALナンバーズ14「「銀河眼の光子竜...
ユウマはナンバーズハンターと戦う。1ターンで2体のナンバーズを召喚されてしまう。ユウマはゴゴゴゴーレムを裏守備でセット。イルミネーターの効果で手札入れ替え。ブリリアント... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2011/10/25 19:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
遊戯王ZEXAL #14「『銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)』降臨!」 感想 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる