時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」 感想

<<   作成日時 : 2012/02/06 03:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 0

ムーンライト・レクエイム!(自分を)
公式サイトはこちら


今回はシュレードさんがやりたいままに暴走しつくしちゃう、イケメン回に濡れ濡れの予感のする回。


禁断の出逢い♂を果たすカグラとアマタ……ではなくてカグラとミコノ。カグラさんは匂いフェチなので、彼的にくさい糞女であるところのミコノがもう欲しくてたまらないという、ある意味ではアマタと同じ部類の執着をミコノに持っている、有り体に言えば変態である。
街中をいきなり獣然として這いまわる姿を見ても、彼がいかに高度なプレイヤーなのかはわかりますね。
一説によると、彼こそが前作の「アポロ」の転生後の姿ではないかと噂されている……というより公式のキャラクター紹介の設定で書かれちゃってるくらいなのですが、確かに今回の野性味あふれる姿は、アポロを思い浮かべざるを得ませんでした。
カグラとアマタを足して2で割るくらいだと丁度いい気がしますが……もしかすると、アポロの魂は、この二人に二分されて受け継がれているのかもしれませんね。ということは最終的には……雪解け合体!(性的な意味で)


カグラとの邂逅に、いきなり現れるシュレード。おっさんの持っていたヴァイオリンで曲を奏でると、たちまち苦しみだすカグラ。
シュレードのエレメントは負の力であり、それを音楽と共に響かせてしまう。人の深層心理を刺激し、人の負の力を増幅させるのだとか。
彼の演奏会の様子とか、そりゃもう阿鼻叫喚の地獄絵図です。企画部仕事しろ。


そして何がビックリって、アマタさんがミコノが乗っていなくて普通にアクエリオンを操作して、普通に頑張れちゃうという事実。最初からやれ。
シュレードに完全に出番を奪われた噛ませコース直行のカイエン()さんに、女子との合体が未だに出来ないソスな立場のアンディへの同情も忘れてはいけません。




画像


とことで、シュレードをヘッドとして生まれた新しいアクエリオン。その名も「アクエリオンSPADA」
アマタの飛翔能力と、ゼシカの衝撃能力を、シュレードの力によって増幅させて、新必殺技を繰り出す。
以下、シュレードさんのセリフ完全書き出し。
「天の月のビブラート。水の月がアレグロディバージェンスすれば、人の月は、その命をアジタートに歌い上げる!」
……お、おぅ。
まぁ、なんだその……彼には頑張ってほしいですね。はい。


シュレードさんは、死を覚悟でもアクエリオンにのって気持ちよくなりたかったようで。
それは、アクエリオン候補生としての誇りもあるでしょうが、何より自身の病弱な身体への抵抗という意味もあったのでしょう。
彼風に言うと、「アクエリオンは恍惚の死を与えてくれる……」のだそうです。
しかし、目的もなく、死んだような生に準ずるよりも、死を覚悟してでも、生に輝く方が美しいというのは非常に共感できます。
「メメント・モリ」という考え方がありますが、死を想起する事で、人は生きる事の喜びを得ることが出来るものです。彼にとっては死の瞬間こそ、恍惚の生の鼓動そのものだったのでしょう。






画像

ちょっと(誰がなんと言おうとちょっとです)痛いシュレードさんのブリッランテな中二発言のフォルテッシモなリズムが、彼の命をアジタートに歌い上げると、新必殺技が炸裂します。
その名も「月下葬送曲(ムーンライト・レクイエム)」
……むぅ。
おかしい。普通にかっこいいぞ。




画像

そして、死亡確認。
シュレードさんは「ムーンライト・レクイエム!(集中線)」という言葉を最後に、この世を後にしました……。いかに中二病患者の私といえど、この最後の言葉だけはご遠慮いただきたいですね。



さて、今回はシュレード回に、新機体SPADAのお披露目回となりました。
流石にこれでシュレードが死んだ……ということはないでしょうが、今後の活躍に期待です。主にその言動に。
一方で、徐々に明かされていくアルテア軍側の動向にも注目です。



次回「真夜中の少女」



アクエリオン完全合体 Blu-ray BOX
メディアファクトリー
2011-03-30
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アクエリオン完全合体 Blu-ray BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクエリオンEVOL  第6話「生命のアジタート」 感想
えっ、死んだの? ...続きを見る
超進化アンチテーゼ
2012/02/06 03:03
アクエリオンEVOL 第6話 「生命のアジタート」 感想
急速に、激情的に。 ...続きを見る
crystal cage
2012/02/06 03:54
アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」
アクエリオンEVOLの第6話を見ました。 ...続きを見る
MAGI☆の日記
2012/02/06 05:44
アクエリオンEVOL 第06話 感想
 アクエリオンEVOL ...続きを見る
荒野の出来事
2012/02/06 06:21
アクエリオンEVOL 第6話 あらすじ感想「生...
禁断の出会い-----------!!ミコノの危機を察したカイエン。だが、実験を中止して学園へ戻れという指示が出される。すぐに助けに行こうとするカイエンに、任務より妹を取るのか?と止... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2012/02/06 09:48
アクエリオンEVOL 第6話 あらすじ感想「生命のアジタート」
禁断の出会い-----------!! ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2012/02/06 09:49
アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」
魂の旋律――!  新たなるアクエリオンスパーダは 夜の死天使とでもいうべき姿。 夜の背景がよく似合います。 ネオクーロンの夜景の灯りと闇によく映える♪ ...続きを見る
SERA@らくblog
2012/02/06 11:11
アクエリオンEVOL 6話
心のビートはもう止められないわ! というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2012/02/06 12:27
アクエリオンEVOL テレ東(2/05)#06
第6話 生命のアジテート 前回からの続き、シュレイド、カイエン、 サザンカが一緒に歩いている。ミコノがタワーで倒れている映像を観る カイエン。アブダクター出現で社会見学は終了。カイエン、ゼシカ、アンディには出撃要請。ミコノはシュレイドが引き受ける。誰よりも高く、誰よりも美しく僕なら 合体できる。 カグラが現われてミコノは気絶。アマタは匂いがしない無臭の奇妙な男だと 話すカグラ。ミコノを連れて行こうとするが、取り返すアマタ。タワーからダイブするが羽の力で無事。羽を見て驚くカグラ。シュレイドがヴァイ... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/02/06 14:36
アクエリオンEVOL 第06話 『生命のアジタート』
がんばれアンディ。カイエン、ゼシカと出撃し意気揚々のアンディ。自身初の男女合体が当然あり得ると張り切っていたことでしょう。チェンジ、アンディ・W・ホール!!不動司令の無情な一言が響き渡ります。 ・・・負傷したカイエンはともかく、無傷のアンディが何故交代。これはもはやいじめなのか。代わりに投入されたアマタとの関係がギクシャクしなきゃ良いのですが。 恐らく彼の初の合体は男嫌い少女・MIX絡みなんでしょう。これによってMIXがアンディを意識するきっかけになる。その時まで温存しているのだと思います、じゃ... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/02/06 14:41
アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」
「ようやくきたんだね  俺がアクエリオンを奏でる時が――!」 シュレードによる新たな力の形、アクエリオンスパーダ! 禁断の出会い、ミコノを狙うカグラにアマタは… ...続きを見る
WONDER TIME
2012/02/06 20:15
アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」は日本語を話して欲しい
第6話「生命のアジタート」 テレビ東京にて録画鑑賞。 ...続きを見る
三次元時面
2012/02/07 07:13
◎アクエリオンEVOL第6話「生命のアジタート」
アブダクター反応。訓練は中止。シュレ:キミは学園に戻るがいい。→しかし、妹が。 :任務より妹をとるのかな?アマタ、ミコノのところに、カグラがやってきてNTRカグラ:無臭の奇... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/07/10 02:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」 感想 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる