時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS 織田信奈の野望 第五回「天才軍師調略」 感想

<<   作成日時 : 2012/08/06 04:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

ロ リ の 喚 起 に 打 ち 慄 え よ


あらすじ
美濃攻略へと出陣した信奈たちだったが、なんと連戦連敗させられてしまう。その原因は、日本随一と言われている天才軍師・竹中半兵衛の存在だ。美濃を攻める前に半兵衛を味方につける必要がある。
史実通りならそれを成したのは豊臣秀吉、つまり──「こいつは俺のイベントなんだよ!」
半兵衛を調略するため、光秀の案内で井ノ口の町へとやってきた良晴だが、そこにはまたしても浅井長政が!長政の狙いも同じだった。はたして良晴は天才軍師を手に入れることが出来るのか!?




今回はついに今作の最終兵器にして大量殺戮兵器、竹中半兵衛ちゃんが登場!何も言うな……何も言わずに全裸待機。それだけでいい。ブヒとはただ、その境地にのみ現出するのだから……。



軍師がロリキャラという経脈は恋姫が始祖なのでしょうか、それとももっと昔の流れを組んでいるのでしょうか。それはわかりませんが、軍師=ロリ。これはもはや鉄板であり、しかもとびきり上質なロリである事が多い風潮は、実に感慨深いものがあります。
よもや今回でロリの世界に目覚めてしまったという紳士は多いのではないでしょうか。それだけ素晴らしいパワーを持つ半兵衛ちゃんですが、その魅力を語る前に、いくつか前置きをしておきましょう。


ロリとは大別して4つの種類がある。1つは天真爛漫な我儘幼女。2つは独自の世界を持つ不思議系幼女。3つは精神的に大人な達観幼女。4つはそして、物静かで薄幸的な内気幼女……私は根底的に内気幼女の愛好者であり、また論者でもある。……実はいうとその不動と思われた理論は昨年のアニメのとあるキャラクターによって打ち砕かれた事はあったりしたのですが……ともあれそれであって尚も毅然として内気幼女の論を述べていく所存。
ロリよ健気であれ。ロリよ寡黙であれ。ロリよ弱者であれ。その甲斐甲斐しさと弱々しさにこそ、ロリのロリたる可愛さが最大限に発揮されるのである。泣き顔の素敵なロリこそ究極の賛美。か弱い花を見守りたくなるのは人間の本能であり、人が子供を愛しく思うのと同じ回路からの理屈である。そういった意味での母性。慈愛。そしてまた同時に、美しい花を手折りたくなる破壊への衝動。破壊の美。それもまた人の持つ性悪説的な本能の一つである。そういった、嗜虐。愉悦。愛でる喜び、汚す喜び、その2つを同時に発現できる、成立し得る存在こそ虚弱ロリの存在であり、故に世界で最も至高とされる存在であるとは、私の短い人生の哲学で、最も確からしい解であるだろう。



さて、これらを頭に入れた上で、今回の半兵衛ちゃんの破壊力。出で立ち。仕草。あざとさ。その甘美、官能。触れて行きましょう。





画像



ああ!ああ!あああ!

まさにロリとは!理想体とは!この娘そのものではないだろうか!!
そう、思うに彼女は理論的幼女としての一つの完成形であり、ロリ美学における1分野の大系を如実に表現した存在であると、そう言えるのではないだろうか。少なくとも私の組み立てた幼女論では、実に完璧に近しいといえます。主よ、私はこの娘でブヒれることに感謝する!








画像

画像

画像

画像


うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!
うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!うおっ!








画像


特に!ポイントになるのはこの仕草!虚弱ロリの魅力が最大限に引き出されるビジュアルそれこそがこの胸前拳の姿である。

身体、特に肩を大幅に丸め込みより肉体の小ささを強調するだけでなく、胸の前に置くことで柔弱さを表現し、目に溜まった涙によって紳士諸君を構造する心理の回廊をあまりにも容易に侵掠しつくすのである。
これをなんというべきか、諸君はご存知だろうか?そう、あざといという。


この竹中半兵衛ちゃんの恐ろしいところは、ビジュアル的、そして所作的に完成されているだけでなく、その声にかの小倉唯を起用したという点である。
およそロリボイスにおいて現在右に出るものは居ない彼女。何故彼女の声がロリに適用するのかと言えば、その舌っ足らずな滑舌から発声される非力さ。それが過去彼女の役柄において病弱キャラが多い理由であるが、それは同時にロリに対して恐るべきシナジーを発揮しているのだ。
最近はその役幅を格段に広げつつある彼女だが、やはりそれを最大限に活用できるのはロリ以外にはありえない。それもか弱いロリ以外にはありえない。


ただでさえロリハーレムを築き上げている良勝は、いよいよかの半兵衛ちゃんをも篭絡せんと言うのか!私はただ屈辱の御名の前に跪くであろう。
彼女のデレ顔を見ることができる、成程そう考えれば実に良きことではあるかもしれないが……どうだろう諸君、その心の内奥に苛烈な残忍性が、沸き上がってはこまいか?
諸君らの欲望によって形造られた聖書(うすいほん)。楽しみにさせていただこうと思う。




  <○√  <しまった、ここは変態の巣窟だ!
    ‖      オレが止めているうちに他ブログへ逃げろ!
   くく     






ねね殿に犬千代ちゃんに金朋五右衛門ちゃんと、ハイレベルなロリをすでに3人も輩出してきた今作の在り方から分かるように、原作者の春日みかげ氏は間違いなくロリコンであろうが、竹中半兵衛というキャラはまさに、その手の趣向の人で無ければ絶対に作ることのできない、それ程に計算され、完成されたキャラであると私は思う。また、ねね殿と対比してもわかる通りに、一見手狭に見える「ロリ」という世界が、実は宇宙のように広く、海のように深いものであり、一概にロリ道を語り尽くすことは絶対困難であることを知っておいていただきたい。まぁ私は別にロリコンじゃないので詳しいことはよくわかりませんがね。





さて、これまで半兵衛ちゃんのその魅力について簡単に弁説したけれども、しかし彼女のあざとさと比例するように今作の登場人物が全員回を重ねるごとにあざとさを増していることに、諸君はもう気づいているだろうか。
それは光秀と犬千代ちゃんに特に色濃く反映されており、ブヒアニメとしての質を更に高めんと望む姿に、私はただただ敬意を表さざるをえない限り。





とことで、今回は文字通り半兵衛ちゃん無双の回となりました。半兵衛ちゃんを見てただけなので、ろくに物語もよく頭に入ってきていないという事は密に、密に。
皆さんも一緒に半兵衛ちゃんを愛でること、それだけがこのエピソードにおいて最重要であることは反論の余地もないでしょう。
そしてそろそろねね殿にも登場いただき、ロリハーレムに耽溺して溺死してしまいたいところですね……などとロリコンの方は言うのでしょうね。


次回「墨俣一夜城」



織田信奈の野望 オープニングテーマ 「Link」
ポニーキャニオン
2012-07-18
愛美
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 織田信奈の野望 オープニングテーマ 「Link」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
織田信奈の野望5話「天才軍師調略」の感想
側室とか最後に色気を出すから……。 ...続きを見る
真実悪路
2012/08/06 04:21
織田信奈の野望 第5話 『天才軍師調略』 ドラが鳴った時は関羽でも出てくるのかと思った。
強気なヒロインが多い中、猛烈に庇護欲をそそるキャラクター。タイトル通り美濃の軍師・竹中半兵衛登場エピソードです。うろ覚えなので原作を読み直している最中ですが、かなり色々端折ってきましたね。原作通りやるとアニメ2話ぐらいは必要なので仕方ないのかな。 一見気が弱そうで化物級の知略はもとより陰陽の力で武力もかなり高い。何より可愛いという一部の隙もないヒロイン力。こりゃ人気出そうですね。&nbsp; いきなり石兵八陣。諸葛孔明の石兵八陣に迷い込んだ呉の陸遜は何故か孔明の舅に助けられました。ここにそんな... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/08/06 04:25
織田信奈の野望 5話「ロリな竹中半兵衛が史上最高に可愛い!」(感想)
ヤバイゾ! この竹中半兵衛の可愛さは!!! 犬千代・五右衛門含め この作品のロリキャラは 空前絶後の充実ぶりです!!! ...続きを見る
失われた何か
2012/08/06 07:19
織田信奈の野望 第5話「天才軍師調略」感想
モテモテ坂を登るでごじゃる! ...続きを見る
空色きゃんでぃ
2012/08/06 10:40
織田信奈の野望5話感想
アニメ織田信奈の野望 ...続きを見る
無料アニメ動画「Youtube動画」
2012/08/06 11:27
織田信奈の野望 テレ東(8/05)#05
第5回 天才軍師調略 公式サイトから美濃攻略へと出陣した信奈たちだったが、なんと連戦連敗させられてしまう。その原因は、日本随一と言われている天才軍師・竹中半兵衛の存在だ。美濃を攻める前に半兵衛を味方につける必要がある。 史実通りならそれを成したのは豊臣秀吉、つまり──「こいつは俺のイベントなんだよ!」 半兵衛を調略するため、光秀の案内で井ノ口の町へとやってきた良晴だが、そこにはまたしても浅井長政が!長政の狙いも同じだった。はたして良晴は天才軍師を手に入れることが出来るのか!? 松平元康と同盟を結... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/08/06 11:48
織田信奈の野望 第5話「天才軍師調略」 感想
両兵衛の一人、竹中半兵衛登場。 ...続きを見る
書き手の部屋
2012/08/06 11:57
織田信奈の野望 第5話「天才軍師調略」
織田軍の脅威は天才軍師竹中半兵衛! その正体は…ロリっ子でした^^; キャラ設定がなんだかすごく怜ぃ〜ww ...続きを見る
のらりんすけっち
2012/08/06 15:58
織田信奈の野望 第5話 『天才軍師調略』 感想
半兵衛調略はお約束のエピソードだけれど、やはり盛り上がりますね。 織田信奈の野望 第5話 『天才軍師調略』 のレビューです。 ...続きを見る
メルクマール
2012/08/06 17:47
心を揺さぶる半兵衛ちゃん アニメ感想 織田信奈の野望 第5話「天才軍師調略」
...続きを見る
往く先は風に訊け
2012/08/06 23:37
織田信奈の野望 第5話「天才軍師調略」
今川戦の戦勝に、ご馳走を振舞う信奈ちゃん。 領地は増えなかったので、食べ物でって(´▽`*) ...続きを見る
空 と 夏 の 間 ...
2012/08/07 16:11
織田信奈の野望 第5話 『天才軍師調略!』
恩賞は天下一の美少女! ...続きを見る
くろ with life〜今を楽しめれば...
2012/08/08 00:46
織田信奈の野望 第5話 天才軍師調略!
尾張と三河の同盟が成立し、元康は挨拶と共に頭を下げますが、堅苦しいと信奈。 場の空気を読めと、家臣達にも食事を振る舞っている信奈ですが、良晴は今川を滅ぼしてもほとんど ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2012/08/09 00:28
織田信奈の野望 第5話「天才軍師調略!」
「おまわりさんこいつです!」 をここで見ることになるとは思いませんでしたね〜(笑)。 (・・・まぁ現代先進国視点ならタイーホとか騒がれるでしょうけど当時なら日常茶飯事だったかもしれませんね・・・) というわけで新キャラの竹中半兵衛、ここでは人見知りの激しい陰陽師なロリ少女。いかにも外見が安倍晴明に似せてある男はふだん彼女が身代わりで立てている式神の前鬼とかなんとか。 さて、今話では半兵衛をめぐって良晴と義龍が激しく対立、半兵衛の救出を優先したために稲葉山城を取れる機会をみすみす放棄する流れとなり... ...続きを見る
ボヘミアンな京都住まい
2012/08/12 23:27
織田信奈の野望の竹中半兵衛フィギュアがとってもキュート!
『織田信奈の野望』の竹中半兵衛のフィギュアがとってもかわいい! 半兵衛ちゃんって、幼児体型でツルペタではあるけれど。 ほっぺがポッとなっているところが、とってもキュートだなと思う(^_^) 声優さんも、小倉唯ちゃんなわけで、声もかわいいし。 文句なしの美少女フィギュア、ではないだろうか? もっとも、美少女というよりも、幼女フィギュアと言ったほうがいいのかもしれないけれどw とにかく、かわいい点では、ほかのフィギュアに負けていないかな、と思うところ(^_^) →織田信奈の野望 竹中半兵衛 フィギュ... ...続きを見る
人気萌えアニメブログ
2012/11/30 17:03
VISVIM 通販
織田信奈の野望 第五回「天才軍師調略」 感想 時は巡れど/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 12:53
エアマックス 2013
織田信奈の野望 第五回「天才軍師調略」 感想 時は巡れど/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 07:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
織田信奈の野望 第五回「天才軍師調略」 感想 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる