時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS 織田信奈の野望 第七回「信奈上洛」 感想

<<   作成日時 : 2012/08/20 04:24   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 2

楽 園 創 造
公式サイトはこちら


あらすじ
武士の頂点に立つ征夷大将軍が襲われ、室町幕府が滅亡した。
将軍を奉じて上洛する信奈の計画は台無しになったが、代わりに将軍の血を引く今川義元を担ぎ、上洛を開始するのだった。
一方、本隊に先駆けて京都へと偵察に向かった良晴が目にしたのは、統治者を失った無法地帯。
この国を作った神々の子孫が住むやまと御所までもが襲われていた。
「ここって、やんごとなき御住まいじゃねーのか!?」
良晴たちは悪漢どもを撃退し、一人の美しい少女を救うのだったが……。





紳士淑女の皆様ご機嫌麗しゅう。今週もまた、この時間がやって参りました。
皆々様方、今回もまた神聖な心持ちで祭典に挑もうぞ。


今回は、新キャラが続々登場していきます。その辺は戦国ものの運命のようなものを感じますね。どうしてもキャラが多くなるのは仕方がない事です。ではその中で何人かを紹介します。この私に独断と偏見による選抜は決してない!と思っていただこうッ!



画像


一人目は卑弥呼ちゃん。彼女はどうにも時代錯誤ですね。よく言われるアレです。ロリババァという訳です。こうして改めて考えると、ロリババァとは何とも言い得て妙ですね。
その冷えた視線で見つめられたとすれば、たちまち心の硝子は砕かれ、久遠の至福を矜持する事になるであろう事は確実!たちまちかの魂は清らかな眠りと共に永遠の安らぎを得られることであろう……。



8/21追記
どうやら卑弥呼じゃなくて姫巫女だったみたいですね。件のロリババァなのかどうかはどうやら不明瞭のままですが、この際なので純正ロリということにしておきましょう。コメントでのご指摘ありがとうございましたm(__)m







画像


そして二人目はパーリィ梵天丸ちゃん。彼女は果たしてロリと呼ぶべきか、線引は実に難しいところではあります。眼帯を見て分かる通り……中二病後の伊達政宗です。
例えば、考えていただきたい。純粋無垢な少女が、その純粋さ故に厨二病を発現する姿を……なんと甘美で、めくるめく震撼であろう!この心を支配する言い知れぬ感慨は!これぞギャップ萌え。可憐さと痛々しさ。その差分から生まれうる言い知れぬ情緒。ああ!かつて一世を風靡したツンデレなど、よもや敵ではないではないか!




画像


そしてついでに3人目はルイズ・フロイス。戦国ものでは結構見かける宣教師のポジションですね。丁度梵天丸ちゃんは西洋に興味津々ってことで、そのお側にいる様子。シスターが登場するアニメは名作。しかし不幸かな。今作の登場人物でさえ無ければ、あまりにも魅力的なキャラとして名を通すことができたかもしれぬ……
でもこのあにめはろりこんでへんたいなおじさんたちがいっぱいだからきけんだよぅ><








さて、今回もロリパラダイス。まさにそこは楽園と以外形容しがたきものであり、無垢なニューフェイスも補填されたところで、更にその質を高めていく本作。そんな中で、既存のキャラの可愛さもまた鮮烈に研磨さされていくのだ。
そんな中でも基礎のロリ4人衆の2人、犬千代ちゃんとねね殿の対極的な魅せ方には唸らされるばかり。
方や犬千代ちゃんはその立場と万能さから出演率が作中でもTOPクラス。その為に、回を重ねるごとに彼女の可愛さはどんどん暴かれ、描かれ、十分な過程を持ってその魅力を磨いていくのだ。
方やねね殿は、出演回数は極端に少ない。しかし時間を掛けて発酵した酒が美味であるように、彼女もまた登場しない時間のもどかしさが増幅すればするほどに、解放された瞬間のその破壊力はあまりに絶大であるのだ。
卑弥呼と梵天丸ちゃんは当然のことながら、今回の見所は実にこの二人にあると私は思えます。五右衛門ちゃんと半兵衛ちゃんの、美しい白髪のまるで姉妹のような美幼女コンビは今回出番は少ないですが、この二人の可愛さというものは、よもやこの場を借りて語るものでは一切無く、故に彼女達の活躍にもまた大いに期待が寄せられます。


画像

画像

画像

画像



体はロリで出来ている
血潮は清浄で心は純潔
幾多の性癖を越えて不敗
ただの一度の敗走はなく
ただの一度も成長しない
彼の者は常に独り ちっぱいの丘で将来に酔う
故に、生涯に意味はなく。
その体はきっとロリで出来ていた




私が思うに、世界とはただロリの為にあるのではないか。ロリこそが世界の最高美であり、最高徳であり、最高善ではなかろうか。そうで無ければ、果たしてこの美徳を如何と説明出来うるだろうか。この神秘を如何と冒涜できようものか。その御身は不可侵にして、絶対存在であるべきなのだ。
神を信奉する如き彼の清廉は、正に彼女たちにこそ向けられるべきではなかろうか。故に、世界とはただロリの為にあるのではなかろうか。ロリータ!ロリータ!ロリータ!






とことで第7話は信奈ちゃん一行が上洛するという文字通りの内容でした。最近はロクに話の内容にも触れずロリの話ばかりしている気がしますが、それこそが今作の本筋なのだから仕方がないのでございます。
歴史的見地からの考察や解釈をする云々なんてものは当ブログのスタンスとは一切無関係でありそんなことをする理由も無ければ時間もないのです。汝、ロリコンであれ。汝、ロリと共に生きよ。そうロリの聖書には書かれているようです。私はロリコンではないので預かりしらずですがね。
一方で、zipを求める麻呂一行が登場したり、信長とは切っても切れない松永久秀が登場したりと、ロリ以外でもニューフェイスが続々登場。松永久秀はどんな作品でもどことなく妖艶に描かれる気がしますね。ベアトリーチェ式の魔法を使い出したりと、ファンタジー色が登場したのは今後の作品の方向性について少し気になるというより、不安になるところは大きいでしょうか。まぁそんなところでいくらブレようと、私にとっては一切関係ありません。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
織田信奈の野望 テレ東(8/19)#07
第7話 信奈上洛 公式サイトから武士の頂点に立つ征夷大将軍が襲われ、室町幕府が滅亡した。 将軍を奉じて上洛する信奈の計画は台無しになったが、代わりに将軍の 血を引く今川義元を担ぎ、上洛を開始するのだった。 一方、本隊に先駆けて京都へと偵察に向かった良晴が目にしたのは、 統治者を失った無法地帯。 この国を作った神々の子孫が住むやまと御所までもが襲われていた。 「ここって、やんごとなき御住まいじゃねーのか!?」 良晴たちは悪漢どもを撃退し、一人の美しい少女を救うのだったが……。 三好三人衆が京の足利... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/08/20 10:27
織田信奈の野望 第7話「信奈上洛」 感想
新展開で新キャラも続々。 ...続きを見る
書き手の部屋
2012/08/20 11:04
織田信奈の野望7話「信奈上洛」の感想
人間20年で美少女っつったら現代基準で幼女になるのが自然? ...続きを見る
真実悪路
2012/08/20 12:28
織田信奈の野望 第7話 『信奈上洛』 良晴の妄想は素晴らしい、特に勝家と義元。
男が命を賭けるなんて、美少女以外無いだろうが!!ある意味清々しい。勝家か、長秀か、十兵衛か、或いは義元か。&hellip;少なくとも彼女たちは天下一の美少女に相応しいと思ってるんだ。でもみんな尾張在住の美少女ばかり、尾張=天下ってことになってないか。更に信奈自身が来るかも、と良晴のボルテージは上がりまくり。 プライドは高いけど、その高さ故に、天下一と言われたら私をあげるしか無いでしょうが!!なんて事言い出さないとも限らないと。そしてやって来たのは長屋の娘&hellip;ねね。 これは美少女じゃ... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/08/20 12:59
織田信奈の野望 7話「ねねも卑弥呼も梵天丸もロリ!この作品はロリの楽園です!!」(感想)
ねねもロリ!卑弥呼も梵天丸もロリ!! この作品はロリ好きにとって楽園です!! ...続きを見る
失われた何か
2012/08/20 19:32
織田信奈の野望 第7話「信奈上洛」
ロリとばいんばいんに囲まれて^^; サルチームロリッ子しかいないww おにゃの子化武将の選択は間違っていないと思うけど、ロリ率高いな〜 ご褒美の美少女はねねちゃん! こちらも見事にロリですww ...続きを見る
のらりんすけっち
2012/08/21 14:29
織田信奈の野望 第7話 『信奈上洛』 感想
歴史物の宿命で、登場人物が増えてきましたが、付いてこれていますか? 織田信奈の野望 第7話 『信奈上洛』 のレビューです。 ...続きを見る
メルクマール
2012/08/21 23:34
織田信奈の野望 第7話「信奈上洛」
織田信奈の野望 第7話「信奈上洛」 ...続きを見る
空 と 夏 の 間 ...
2012/08/22 11:41
織田信奈の野望 第7話 信奈上洛
千年栄華を謳われた京都の空は赤々と染まります。 それは畿内に勢力を広げる三好三人衆の謀反が足利将軍家を襲ったゆえ。 武士の頂点に立つ征夷大将軍が攻められるなど、前代未聞 ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2012/08/22 23:22
織田信奈の野望 第7話「信奈上洛」
信奈の上洛、蹴鞠好きのお嬢ちゃん(義元)を将軍に担ぎだしてということにこの作品ではなってましたけど、上洛後も京の街の荒れっぷりに加えて反勢力から包囲網を敷かれて苦労しそうなのは後見役の爺様の険しい顔を見ても容易に想像がつきますが、この辺りはある程度は史実に沿った形になってるようですね(まぁ何もないと面白くないというのはありますが・笑)。 原作自体がまだ完結していませんけど、話数に限りのあるアニメではどの辺までやるのでしょうね? さて、史実でも結構厄介な存在と思われる松永久秀、ここでは幻術使いの女... ...続きを見る
ボヘミアンな京都住まい
2012/08/27 02:28
エアマックス 95
織田信奈の野望 第七回「信奈上洛」 感想 時は巡れど/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/09 17:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
皆さん間違っておられますが
卑弥呼ではなく姫巫女ですよ〜

代々名前をつぐので、BBAではないかも?

能力有りの天皇様の代わりだと思うと分かりやすいかと
通りすがり
2012/08/21 10:45
おお、そうだったのですか……お恥ずかしながら完全に勘違いしておりました。ご指摘ありがとうございます。記事の方訂正させていただきました。
とりぐらふ@管理人
2012/08/21 19:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
織田信奈の野望 第七回「信奈上洛」 感想 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる