時は巡れど

アクセスカウンタ

zoom RSS 【13年冬アニメ】作品別総合評価 完成版

<<   作成日時 : 2013/03/31 03:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様大変お久しぶりです。私は元気です。
さて、3月も末とことで様々なアニメが終わりを迎えておりますね。
それに合わせて、今期よりクールの終わりにそれぞれ最終回を迎えた作品について、それぞれ簡易的な感想と評価をしていきたいと思います。


評価、判定基準は以下のとおり。

評価基準(各10点)
・ストーリー性:物語の展開にカタルシスがあるか、テーマ性があるか等
・オチ:オチが付いているか、テーマに沿ってきっちり完結できているか
・キャラクター:魅力的なキャラクターがいるか
・演技:キャラクターに演技が合っているか、目を見張る演技があるかどうか
・演出:見せ方やテンポが適切か
・作画:作画が安定しているか、動画が魅力的か
・音楽:作中BGMや挿入歌などが雰囲気に適しているか、印象的か
・OP/ED:OPやEDが魅力的か
・個性:他には無い作品固有の個性があるか。ネタにできるような面白みがあるか
・おすすめ度:他人におすすめできるかどうか(総合的な評価)

判定基準
傑作:文句の付けようが無い作品
秀作:一線を越えて面白いと言える作品
良作:人にオススメできるくらい面白い作品
佳作:並以上に面白い、或いは何か特別魅了されるような楽しさがある作品
凡作:毒にも薬にもならない作品
駄作:面白くない、滑稽さを感じる作品


加えて作品ごとに簡単な感想と注目ポイントなどを書いていきます。



評価作品一覧
・AKB0048 next stage
・AMNESIA
・あいまいみー
・俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる
・ガールズ&パンツァー
・キューティクル探偵因幡
・gdgd妖精s(2期)
・GJ部
・サイコパス
・さくら荘のペットな彼女
・ささみさん@がんばらない
・THE UNLIMITED 兵部京介
・新世界より
・たまこまーけっと
・絶園のテンペスト
・幕末義人伝 浪漫
・バクマン。3
・ビビットレット・オペレーション
・僕は友達が少ないNEXT
・まおゆう魔王勇者
・まんがーる!
・みなみけ ただいま
・問題児たちが異世界から来るそうですよ?
・ヤマノススメ
・ロボティクス・ノーツ
(続々追記予定)

4/1追記
・イクシオンサーガ DT
・八犬伝 -東方八犬異聞-
・マギ
・ラブライブ!

4/2追記
・琴浦さん
・閃乱カグラ

4/7追記 New
・ジョジョの奇妙な冒険
・リトルバスターズ!



AKB0048 next stage
ジャンル:アイドル、SF、バトル
ストーリー:7
オチ:8
キャラクター:8
演技:6
演出:6
作画:8
音楽:7
OP/ED:8
個性:7
おすすめ度:7
合計:72点
判定:良作


1期が微妙な出来だったのでさほど期待せずに見ていたのですが、思わぬ発掘となりました。川森監督らしい破茶目茶な歌とバトル。1期での伏線などもきちんと回収され、やや無理やりではあったものの美しく熱いフィナーレを迎えました。現実のAKBに関しては無知ですが、そっちと絡めたストーリー展開などもあった模様。食わず嫌いしている方は大変多いと思われる今作ですが、変な色眼鏡を外して是非見てほしい一作です。あとソナティがすこぶる可愛い。




AMNESIA
ジャンル:乙女ゲー、ファンタジー、記憶喪失
ストーリー:5
オチ:2
キャラクター:7
演技:6
演出:5
作画:5
音楽:7
OP/ED:7
個性:9
おすすめ度:3
合計:56点
判定:凡作


記憶を失った主人公が、幾つもの世界を渡り歩いていくという世界観やミステリー要素は面白く、物語の過程も面白いのですが、肝心のオチが残念。キャラの独特のファッションセンスを主体に独自な個性があり、シュールギャグに似たものがあるのはとても魅力的。全体的にネタに富んでいるので、実況とかしながら見ると中々楽しめます。全部ニール様が悪い。




あいまいみー
ジャンル:5分アニメ、不条理ギャグ
ストーリー:7
オチ:7
キャラクター:7
演技:7
演出:8
作画:6
音楽:5
OP/ED:7
個性:10
おすすめ度:4
合計:68点
判定:佳作


不条理で支離滅裂な5分ギャグアニメ。非常に個性が強い作品で、合う人はとことん楽しめるが、合わない人にはとことん合わないと思われます。5分アニメの利点を活かしたハイテンポと、撃ち逃げにされるオチが作品性にとても適していました。万人にはオススメできませんが、同じ電波を感じ取れる人は非常に楽しめると思います。




俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる
ジャンル:ラブコメ、ハーレム系、ラノベ
ストーリー:4
オチ:2
キャラクター:8
演技:7
演出:5
作画:8
音楽:6
OP/ED:7
個性:6
おすすめ度:3
合計:56点
判定:凡作


序盤から中盤にかけては純粋に寒いだけで退屈な作品でしたが、愛衣ちゃんの登場で一気に化けました。愛衣ちゃん大勝利です。それ以降はアニメとしてのテンポも良くなり、中々楽しめました。しかしながら、修羅場というタイトル詐欺はさておき話の山場での盛り上げ方に違和感。少し無理があり、茶番に見えるような展開が多かったのはげんなり。最後も肝心な部分を投げて終わってしまったので、そういった面でも全体的に強く評価は出来ない作品でした。



ガールズ&パンツァー
ジャンル:ミリタリー、スポ根、王道
ストーリー:6
オチ:9
キャラクター:9
演技:7
演出:10
作画:10
音楽:8
OP/ED:7
個性:10
おすすめ度:10
合計:86点
判定:秀作


この場で語るべく程もないくらいの名作。戦車と女子高生という時代のトレンドをうまく突いた世界観。わかりやすく記号化されたキャラクター、そして何より圧倒的なアニメーションのクオリティ。シナリオも単純明快が故に見ていてとても昂ぶります。ただ残念なのは、完結に時間が掛かってしまったこと。時間を掛ければ当然クオリティの高いものは出来る訳で、その点で私の中で評価を落としてしまいました。




キューティクル探偵因幡
ジャンル:ギャグ、やや女性向け、マスコット
ストーリー:4
オチ:6
キャラクター:9
演技:6
演出:5
作画:6
音楽:6
OP/ED:7
個性:8
おすすめ度:5
合計:62点
判定:凡作


すこし女性向けの側面のあるギャグアニメ。最初1話は極悪テンポとキレの無さで退屈でしたが、回を重ねるごとにその魅力を確立していったように思います。ギャグの肝であるキャラクターは中々味があり、特に首領というマスコットの存在は大きかったです。また隠れたロリアニメ枠でもあったり。ロリキャラが出ると面白いという図式に定評のあるアニメでもありました。回ごとにムラがあるものの、全体的に中々楽しめる作品ではありました。




gdgd妖精s(2期)
ジャンル:15分アニメ、パロディ、3Dモデル
ストーリー:7
オチ:7
キャラクター:7
演技:6
演出:7
作画:6
音楽:6
OP/ED:7
個性:9
おすすめ度:6
合計:68点
判定:佳作


パロディネタを多分に含んだ15分アニメ。1期での好き放題な展開もそのままに、しかし1期での内容にベッタリ縋る形ではなく、きちんと方向性を微調整し、2期特有の魅力へと繋げられた事が非常に良かったです。随所で盛り込まれる伏線やそれを回収する一本筋の通った意外なストーリー性にも要注目。アフレ湖といった中の人ネタも健在で、相変わらずネタ性の高い作品なので、そういうのが好きな人にはオススメです。




GJ部
ジャンル:日常、部活もの、フェチズム
ストーリー:2
オチ:10
キャラクター:10
演技:7
演出:8
作画:9
音楽:5
OP/ED:6
個性:5
おすすめ度:5
合計:67点
判定:佳作


ストーリー性そのものはなく、話にも特に面白みが無いが、本作の魅力はそこには無い。肝心なのは物語の結果ではなく、そこに至るまでの過程部分、すなわちキャラ同士のやり取りや空気感にこそ価値があるのであり、また作り手側もそういった需要をきちんと理解して制作していたように見えました。私自身はどちらかというと今作の空気に最後まで入り込めなかった人間ですが、魅力を理解できる人にはとても楽しめる作りになっていると思います。




サイコパス
ジャンル:警察、近未来SF、正義観
ストーリー:6
オチ:4
キャラクター:6
演技:6
演出:8
作画:6
音楽:6
OP/ED:8
個性:6
おすすめ度:4
合計:60点
判定:凡作


近未来をモデルにした警察もののSF。シビュラシステムを中心に設定に色々と無理を感じることはあったけれど、最低限のカバーはされていたように思います。物語に関して、構成自体は良く、特に中盤での盛り上がりには目を見張るものがありましたが、それ以降の展開にパワーを感じずに残念。テーマとして、「人としての生」や「正義」といったものを問う下地がありながらも、解答を出さないまま現状維持という顛末にもやはり肩透かし。




さくら荘のペットな彼女
ジャンル:青春、学園もの
ストーリー:3
オチ:2
キャラクター:6
演技:8
演出:5
作画:6
音楽:6
OP/ED:5
個性:3
おすすめ度:2
合計:46点
判定:駄作


序盤から中盤にかけてはなかなか見応えのある作品ですが、それ以降は大失速。あまり捻りの無いストーリー展開に加え、期待していた方とは真逆の方向性に話が進んでしまい残念。終盤では、件の卒業の回を主体に、薄ら寒さすら感じる展開に萎えること請け合い。放送期間の長さの割に肝心な部分の積み重ねも薄く、色々と残念な作品になってしまいました。




ささみさん@がんばらない
ジャンル:神話、ファンタジー
ストーリー:4
オチ:4
キャラクター:6
演技:6
演出:6
作画:7
音楽:5
OP/ED:5
個性:6
おすすめ度:2
合計:51点
判定:凡作


物語の起承転結自体はしっかりとしており特別目立つ破綻も無いのですが、純粋に物語に面白みがありません。一枚、二枚と奇を衒う展開が多かったのですが、それが逆に足を引っ張り、「無駄にわかりづらいだけで楽しめない」という状況に……。EDでのグダグダ演出なども少し無理矢理感があったり、どうにかしてネタを取り繕うとしている様子が感じ取れて居た堪れない。ただ上述通り物語自体はきちんとしてはいるので、好きという人は居るかもしれませんが、私はあまりオススメはできません。




THE UNLIMITED 兵部京介
ジャンル:王道、異能力、スピンオフ
ストーリー:8
オチ:8
キャラクター:9
演技:8
演出:9
作画:10
音楽:9
OP/ED:8
個性:6
おすすめ度:9
合計:84点
判定:良作


本家である「絶対可憐チルドレン」について何も知らずに見たのですが、初見組でもわかりやすい構成になっており、王道でありながらよくまとめられたストーリーで楽しめました。何より、動画や音楽などを壮大に用いて作品がとても格好良く演出されていたので、厨二心を刺激されて痺れました。それだけに、少し駆け足になってしまったところは若干残念。王道で中二病なファンタジーを見たい!という方には是非見ていただきたい一作。加えて有望なロリ枠としても同時にオススメしたいです。




新世界より
ジャンル:SF、超能力
ストーリー:10
オチ:10
キャラクター:8
演技:9
演出:4
作画:3
音楽:9
OP/ED:9
個性:8
おすすめ度:10
合計:80点
判定:秀作


おどろおどろしい雰囲気を持った12歳、14歳編。それらを積み重ねてからの一気に解放される大人編での激動の展開は、言い表せない程強烈なカタルシスを感じました。人とは何か。正義とは何か。そしてその先に一体何が待つのか。強烈なメッセージ性を発信し、細部の細部まで練りこまれ完成された物語、世界観は、流石と言わざるを得ません。反面、アニメとしての出来には些か残念なところも多く、回ごとの作画の変遷、何より(仕方ない部分はあるとは言え)説明不足感の拭えない話の運びなど、お世辞にもあまり見せ方の上手いとは言えない作品でもありました。原作の完成度に救われた面の多いアニメではありましたが、是非より多くの方に触れてほしい作品です。




たまこまーけっと
ジャンル:日常、マスコット
ストーリー:4
オチ:3
キャラクター:6
演技:6
演出:5
作画:9
音楽:5
OP/ED:5
個性:4
おすすめ度:3
合計:50点
判定:凡作


京アニ制作による日常アニメ。まさにTHE凡作。毒にも薬にもならない、取り留めもない作品。山崎たくみ氏演じるデラはとても個性的で魅力的。逆に言えば、それくらいしか個性がありません。物語自体も捻りがなく、それどころか逆にうまくまとまってない部分も散見できました。変に続編を匂わせるような中途半端なラストも美しくないように思います。




絶園のテンペスト
ジャンル:伝奇、SF
ストーリー:8
オチ:10
キャラクター:8
演技:8
演出:6
作画:6
音楽:7
OP/ED:6
個性:9
おすすめ度:8
合計:76点
判定:良作


全ての分岐点は左門さんであった。といってもいいくらい、鎖部左門というキャラクターの持つ魅力は強大なものでありました。しかし今作の素晴らしいところは、1人のキャラクターの面白さという入り口から、そのまま本筋の物語の面白さへと引き込めるパワーがあったことです。左門さんの登場以降、本筋、ネタの両面で頭角を現し、特に物語の面では最後の最後まできっちりと作りこまれ、一本しっかりと筋の通ったストーリーとして完走してくれました。作中で引用されるシェイクスピアや、「絶園のテンペスト」というタイトルをしっかり通しきったラストは美しいの一言。




幕末義人伝 浪漫
ジャンル:時代もの、破天荒、義理人情
ストーリー:5
オチ:6
キャラクター:6
演技:6
演出:5
作画:5
音楽:6
OP/ED:8
個性:8
おすすめ度:4
合計:59点
判定:凡作


この手の作品で、ギャグよりもシリアスの方が面白いというのは中々に稀有なパターンでしょう。ギャグ自体は破天荒ではありましたが、少なくとも私自身が惹かれるような狂気さではなく、何となく無理に繕っている感じもあり楽しめませんでした。中盤以降、シリアス傾向の展開になっってからは、時代背景とタイトルに沿った義理人情ものとして描かれ初め、そちらの出来は中々良かったです。物語全体を通して見た時に、様々な矛盾が生まれてしまうのが残念ですが、その辺の破天荒さも今作らしい、と温かい目で見れる方は楽しめるかもしれません。




バクマン。3
ジャンル:青春、恋愛、友情
ストーリー:6
オチ:7
キャラクター:8
演技:7
演出:6
作画:6
音楽:6
OP/ED:5
個性:6
おすすめ度:6
合計:63点
判定:凡作


漫画パートがとても楽しいバクマン。シリーズの3期にしてラストシーズン。過去2作の流れ同様、漫画パートがとっても楽しくてワクワクしながら次々に襲いかかる波乱を追っていけました。反面、話のもう一つの主軸である最高の「恋愛」要素に関しては相変わらず魅力がなく、漫画パートに決着がついた終盤での展開は、正直消化試合感が先行してしまいました。今まで割りと本格的に動いていたストーリーの反動もあり、例の声優騒動での話は滑稽さを感じずにはいられなかったのも痛いです。ただ、最後まで作品のテーマも貫き、気になっていた様々なキャラの後日談を描いたフィナーレは中々にベター。




ビビットレット・オペレーション
ジャンル:変身少女、友情、尻
ストーリー:1
オチ:2
キャラクター:7
演技:3
演出:5
作画:8
音楽:6
OP/ED:7
個性:5
おすすめ度:2
合計:46点
判定:駄作


キャラクターは良い。作画、動画も同様に良い。最近プリキュアくらいでしか見なくなった「変身少女」ものという目の付け所も良い。では何がダメだったのか。単純明快、脚本があまりにも滑稽でした。今更細かいところを突いても仕方がないので割愛させていただきますが、ただただ無理ばかりがある展開では、物語に視聴者が入っていく事など当然できるはずもありません。その絶対的な一点において、間違いなく駄作と言って間違いない作品だと思います。




僕は友達が少ないNEXT
ジャンル:部活、学園ラブコメ、難聴
ストーリー:8
オチ:7
キャラクター:10
演技:10
演出:7
作画:8
音楽:6
OP/ED:8
個性:8
おすすめ度:8
合計:80点
判定:良作


1期が下手なシリアス展開の連続であまり楽しめなかったのですが、その反省を踏まえてなのか、あるいは脚本に原作者自ら介入した結果なのか、そのマイナス要素がほぼ完全に取っ払われ、爽快かつ危険でちょっとお下品なネタの連続に毎週心底楽しめました。終盤での展開は賛否両論ありますが、今までの学園ラブコメのテンプレであった「難聴」ネタを敢えて主軸に取り込み、自らを以って学園ラブコメの在り方を問いかける意欲は評価されるべき点でしょう。この短い文章では伝えきれませんが、天才的な作品だと思います。




まおゆう魔王勇者
ジャンル:ファンタジー、経済、歴史
ストーリー:3
オチ:1
キャラクター:6
演技:6
演出:4
作画:5
音楽:6
OP/ED:6
個性:4
おすすめ度:2
合計:43点
判定:駄作


悪く言うと、1話をピークに右肩下がりになった作品。現実の歴史を参考にして、異世界での経済等を中心に描かれる今作ですが、まず見せ方がうまくない。特に非常に駆け足かつ、時間経過の描写があまりにも下手な為、時系列の把握が困難。其れに準じて、物語の積み重ねも必然的に薄くなってしまうので、あまりカタルシスを感じない。原作ではあとすこしで面白くなるようですが、アニメでは実に中途半端な終わり方で消化不良気味。まおゆうという作品に興味があるという方は、素直に原作を読んだ方がいいかと思われます。少なくともアニメとしてはあまり評価できる代物ではありませんでした。




まんがーる!
ジャンル:5分アニメ、ドタバタ
ストーリー:4
オチ:7
キャラクター:5
演技:6
演出:6
作画:7
音楽:6
OP/ED:5
個性:5
おすすめ度:4
合計:55点
判定:凡作


漫画編集部の少女たちを主体に、雑誌創刊までの軌跡を描いたお話。普段は見れない漫画編集という仕事が断片的に垣間見えたりしたのは中々面白かったです。ただ、基本的におふざけ色の高い作品であり、そういった側面では正直イマイチな出来。キャラの個性もあまり出ていなかったように感じます。しかしながら、最後の落とし方は非常に今作らしいカラクリがあったのが良かったですね。




みなみけ ただいま
ジャンル:日常、ギャグ、学園もの
ストーリー:8
オチ:8
キャラクター:10
演技:8
演出:9
作画:8
音楽:8
OP/ED:10
個性:8
おすすめ度:9
合計:86点
判定:良作


3期から期間も空き、ともすれば「オワコン」などと揶揄されかねない中から、再びブームを齎したとても天晴な作品ではないでしょうか。私の中でも過去3作とくらべても一番の出来であると称賛したいし、とても楽しく視聴することができました。厳しいとは思いますが、5期を大変期待したいと思える作品でした。



問題児たちが異世界から来るそうですよ?
ジャンル:ファンタジー、異世界、最強主人公
ストーリー:5
オチ:5
キャラクター:7
演技:6
演出:5
作画:7
音楽:4
OP/ED:7
個性:5
おすすめ度:3
合計:54点
判定:凡作


序盤こそ目的もなく意味を感じないストーリー、極悪テンポに辟易させられましたが、中盤以降は非常に安定軌道に乗り、キャラ毎の魅力もそれぞれ活かされ、何より最初は不快でしかなかったパーフェクト超人設定の十六夜さんも、そのあまりも徹底のされ方に一周回って好感を持てるようになりました。とはいえ、それでも面白さとしては極めて平凡なものだったと思います。




ヤマノススメ
ジャンル:5分アニメ、友情、癒し
ストーリー:7
オチ:6
キャラクター:8
演技:7
演出:7
作画:10
音楽:6
OP/ED:7
個性:7
おすすめ度:7
合計:72点
判定:良作


5分アニメの癒し枠。登山×美少女という異色のコラボレーションによって彩られる本作。物語性もあり、5分枠で消費されてしまうにはあまりにも惜しい作品でした。何より特筆するべきは、「山」を主体とした背景の書き込みでしょう。ある意味では、5分(実質3分程)という枠だからこそ出来た荒業だったのかもしれません。キャラクターも良く、とても癒されます。是非続編も見たい一作です。




ロボティクス・ノーツ
ジャンル:SF、ロボット、王道
ストーリー:4
オチ:2
キャラクター:7
演技:7
演出:5
作画:6
音楽:6
OP/ED:7
個性:2
おすすめ度:2
合計:48点
判定:駄作


過去作『カオス;ヘッド』『シュタインズ;ゲート』と追っており、過去2作と連動する部分や彷彿とさせる部分が出てきて、その点ではとても楽しませて頂きました。話自体も特に中盤で一気に盛り上がりはしたのですが、お粗末な終盤でのまとめ方やお涙頂戴的な悪い意味でのベタさに、茶番めいたものを感じてしまいました。広げ方によってはもっと面白くできたのではと思えるだけに、悲しいです。




イクシオン・サーガ DT
ジャンル:異世界、馬鹿アニメ
ストーリー:6
オチ:10
キャラクター:9
演技:10
演出:6
作画:6
音楽:6
OP/ED:10
個性:9
おすすめ度:7
合計:79点
判定:良作


1、2話で強烈な個性を炸裂させてくれた今作。以後は失速が懸念されていましたが、思いの外上手く立ち回れて」いたように思います。「スタッフに愛されるアニメ=面白い、という定説が巷にはありますが、今作も多分に漏れずといったところでしょうか。馬鹿アニメの性質を逆手にとって感動的なラストも実にグッド。そして今作で特筆すべきはやはり、福山潤氏演ずるマリアンの演技力でしょう。退屈な日々を微かに潤してくれるような、頭悪くて底抜けに楽しい作品でした。下ネタが嫌い、という方にはあまりオススメ出来ませんが。




八犬伝-東方八犬異聞-
ジャンル:ファンタジー、女性向け、分割2クール
ストーリー:4
オチ:4
キャラクター:6
演技:6
演出:5
作画:6
音楽:6
OP/ED:6
個性:4
おすすめ度:2
合計:49点
判定:駄作


南総里見八犬伝をモチーフにした女性向けファンタジー。何より物語の目的が曖昧だったのが痛い。最後の最後であらましは語られたが、悪く言えば13話丸々前座と思わざるをえない内容でした。ただ分割2クール作品と言う事もあり、本筋は2期目で描かれると思われるので、評価自体は保留したいというのが正直なところ。ただ、少なくとも1期だけで見れば冗長なだけで退屈な内容でした。




マギ
ジャンル:ファンタジー、魔法
ストーリー:1
オチ:3
キャラクター:7
演技:7
演出:2
作画:4
音楽:10
OP/ED:6
個性:2
おすすめ度:2
合計:44点
判定:駄作


恵まれた世界観やキャラクター、音楽から糞みたいな脚本。冒険譚を謳う割に冒険要素は殆ど無く、キャラの成長劇として見ても極めて軽薄。何より同じところで地団駄を踏んでいるだけの展開にはうんざり。加えてテンポもかなり悪い。特に間の置き方が素人目に見ても致命的に下手。「運命」や「絆」と言ったテーマそのものは薄っすらと見えるものの、結局何がしたかったのかがわからなかった点も大きくマイナス。分割4クールとの事で、2期で汚名返上してくれる事を祈るばかりです。




ラブライブ!
ジャンル:アイドル、青春
ストーリー:5
オチ:6
キャラクター:10
演技:4
演出:9
作画:10
音楽:10
OP/ED:10
個性:8
おすすめ度:7
合計:79点
判定:良作


13年冬季のアニメでは、最も話題を呼んだであろう本作。最近流行の路線に上手く乗っかった事と、何より見せ方が上手かった事が響き、一つのセンセーションを巻き起こす事が出来た事が素晴らしいです。脚本自体は並程度で、やや強引さを感じる点も目に付きました。アイドルアニメらしく、キャラの可愛さや記号化は抜群。OP、EDは当然ながら、作中ライブシーンなども非常に手が込んでおり、見ていてとても爽快でした。




琴浦さん
ジャンル:青春、超能力、人間ドラマ
ストーリー:6
オチ:7
キャラクター:8
演技:6
演出:8
作画:7
音楽:6
OP/ED:7
個性:6
おすすめ度:7
合計:68点
判定:佳作


ギャグとシリアスの住み分けの巧みさや、小気味の良いテンポ。ESP研を中心にキャラクター性も良く、全体的に質が高い作品です。物語に関しても、やや駆け足な部分は目立ったものの、放送内で描かれた様々な要素を上手く取り上げてまとめたラストは中々に綺麗。琴浦さんを主体とした一つの成長劇と人間ドラマで描き切った事も評価したいところ。ただ逆に言うと、1話のような少しキツい展開を期待していた身としてはどことなく肩透かしというものも。そういった意味で、また目新しさや話題性という意味で、1話をピークにゆるゆると失速してしまったのは残念です。




閃乱カグラ
ジャンル:忍者、おっぱい
ストーリー:5
オチ:6
キャラクター:7
演技:5
演出:5
作画:6
音楽:6
OP/ED:6
個性:5
おすすめ度:5
合計:56点
判定:凡作


冬アニメの愛すべきB級アニメ枠。物語はよくある平凡なもので、おっぱいアニメとして見るとその利点をあまり活かせていなかったりと残念なところはあるものの、醸し出るアホらしさと、それとは対照的なそこそこ熱い展開のミスマッチはこの手の作品ならではの魅力。キャラ自体も、いまいち強烈な個性を持つキャラは居ないものの、それぞれの因縁や過去の背景などをきちんと描き、物語性に組み込めたところは良かったです。



ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル:ファンタジー、バトル、王道
ストーリー:6
オチ:10
キャラクター:10
演技:9
演出:9
作画:6
音楽:8
OP/ED:10
個性:10
おすすめ度:10
合計:88点
判定:秀作


原作既読。言わずと知れたジャンプ漫画の名作。非常に独特で、ファン層の濃い作品と言う事で、映像化が非常に懸念されていた本作ですが、蓋を開けて見れば、作り手の愛に溢れた表現や見せ方、こだわりなどが各所で散見でき、原作ファンである私自身、大変満足の行くアニメ化になったと思います。ところどころ作画の乱れなども目についた分、決める回ではしっかりと決めてくれたのも素晴らしい。是非このスタッフで3部以降、どこまでも続けてほしいと思える最高レベルのアニメ化でした。



リトルバスターズ!
ジャンル:青春、友情、成長劇
ストーリー:2
オチ:4
キャラクター:10
演技:6
演出:7
作画:7
音楽:10
OP/ED:9
個性:5
おすすめ度:5
合計:65点
判定:凡作


原作プレイ済み。本筋ルートは2期(?)にお預けということで、主にヒロインの個別ルートが描かれた1期ですが、どれも魅力を感じずどこか薄っぺらで中途半端な展開は正直退屈。唯一面白い姉御ルートもリフレインへお預けみたいなので、その点で評価を落としてしまいました。反面、アニメとしての見せ方や、オリジナル要素の追加はかなり興味深く、またわかりやすいエッセンスが加えられ、純粋な映像化という点ではかなり奮起をしていたように思えます。本筋ルートの描かれる続編こそが今作の肝であり山場でもあるので、この調子でアニメ化してもらえれば、そちらは評価は高くなるかもしれません。


2013年良作以上作品まとめ


傑作:なし


秀作:ガールズ&パンツァー、新世界より、ジョジョの奇妙な冒険


良作:AKB0048 2期、兵部、テンペスト、はがないNEXT
   みなみけ ただいま、ヤマノススメ、DT、ラブライブ





高点数作品まとめ

90点台:なし

88点:ジョジョの奇妙な冒険
86点:ガールズ&パンツァー
    みなみけ おかえり
84点:THE UNLIMITED 兵部京介
80点:新世界より
    僕は友達が少ないNEXT


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキング参加中!
クリックしていただくと嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ 秋葉原ネット
アニ☆ブロもよろしく!
【13年冬アニメ】作品別総合評価 完成版 時は巡れど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる