鬼帝の剣

ALI PROJECT 新曲「鬼帝の剣」昨日発売!
アニメ「鉄のラインバレル」のOPタイアップということで、割と知っている人も多かろう。


しかし、あのOPを聴き耽っていると、結構違ったりする!

ヴォーカル音が何より。

一度で二度おいしい。らしい。

しかしこの鬼帝の剣、何とも片倉三昧。
間奏がもう良いの何の!
これは早くもオーケストラVerが期待できます。


c/wの「亡骸の女」の歌詞は、作詞のアリカさんが自画自賛するほど。
まぁ買えばわかります。
この歌詞は・・・より秀でている。

亡骸の女・・・
嗚呼・・・亡骸なんだな・・・としみじみ思ったり。


2曲とも、正直最初は「う~ん・・・」とか思ったのですが
聴き耽るにつれ、よくなっていきます。

そもそも私は、音楽を最初に聴くとき、どうも劣化して聴こえるらしいです。

歌詞カードを見て、歌を聴いて。
いつもと同じはずなのに、どこか劣化して聴こえる。
それで2度目に聴くと、「あれ?こんなにいい曲だったか?」と驚くことが多い。

どうにも今回もその症状です。

特にc/wの亡骸の女は。

鬼帝の剣は、ラインバレルのOPverに慣れすぎていたからでしょう。
違和感が拭えなかったのですが・・・
今となってはもう・・・たまらんね。これは。



ということで、やはりシングル曲は何だかんだで良い。

曲単体ももちろんいいのですが、c/wと組み重なり、それが一枚の「CD」すなわち作品になる。
アルバムでは特にそういったところが強いのですが、シングルはそれをたったの2曲で示さなくてはならない。


一枚のアルバムにも、そのアルバム自体に隠された物語があるように感じることが多い。
それは、シングルも変わらず・・・。

鬼帝の剣のこのCDは、この2曲+instであるからこそ!なのだと、しみじみ痛感しました。


そして何よりポスターが長すぎる!
足長すぎる!
ジャケットは髭じゃない!
爪が長い!


成程・・・オリエンタル女帝か・・・
何というか・・・本当にシングルのジャケットは進化している。

あの「わが臈たし悪の華」をも凌駕するジャケットとは・・・
並べてみるとカオスそのもの。


特に暗黒天国からはもう何というか・・・異空間だ・・・。
いやもう亜空間だ。ヴァニラ・アイスだ。

もうお腹いっぱいだね。
なのにまた直ぐベスト「桂冠詩人」発売。


懐はまた薄くなるも、期待を激しくよせる今宵であった。



鬼帝の剣
JVCエンタテインメント
2008-11-19
ALI PROJECT

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック