DOG DAYS EPISODE7「宣戦布告」 感想

画像


フリスビーは口で取らせた方が良かったのだと私は思案した――
公式サイトはこちら



早いもので、折り返し地点を超えてもう7話です。
相変わらずスローテンポで、天国のような平和さをアピールし続けてくれる今作に癒されていた私は、今回来たるであろうシリアス展開の到来に、膝をガクガク言わせていたのですが、果たしてこれはシリアス展開なのかと、疑問符を脳裏に浮かべていた……ということは実はどうでもよくて、今回もミルヒ王女のお麗しさに魅了されておりました。それでは感想を書いていきます。



ビスコッティとガレット。それぞれ国を象徴する対なる宝剣が存在するようです。
ビスコッティ側は、ミルヒ姫の持つ「聖剣エクセリード」とシンクの持つ「真剣パラディオン」
一方、ガレットはレオ王女の「魔戦斧グランヴェール」と、もう一つ「真剣エクスマキナ」。
ビスコッティがそうだったように、エクスマキナも、ガレットに召喚された勇者に渡されるということでしょうか?
個人的にはガレットの勇者はアスレチック1位の娘だと思っているのですが……人間同士だとガチ殺し合いになるから困る。そんなもの望んじゃいにゃいのだー!


これまで自然にスルーしてきましたが、冷静に考えるとシンクの動きってどう考えても常識離れしすぎているんですよね。
そうして見ると、彼は人間では無いのではという疑念に立ち向かうことができます。
フロニャルドに、何かしらの因果を持つ人物なのではないでしょうか?ミルヒ王女が彼を勇者に選んだのも、偶然なんかじゃないよういな気がしてなりません。私がガレットの勇者に、1位の娘を選定した理由もこれです。






画像


(#^ω^)ピキピキ

なんやシンクはん最近調子に乗ってはりますなぁ。んん?

相変わらずミルヒ姫とイチャイチャイチャイチャするシンク。ああなんだ、この胸の内に湧き上がるどす黒い感情は!
しかしこの二人、恋愛関係というよりは、ペットと主人の関係に近いものを感じます。ミルヒ姫が犬そのものと言うのもあるけれど、シンクは彼女をペットやマスコットのような存在と認識しているフシがありますね。羨ましすぎる。自由にフロニャルドに行き来できるとか!自分そういうのマジ許さねぇっすから!!




国の象徴である宝剣を賭けての宣戦布告を申し付けるレオ。表面ではいつもの戦興業ですが、その実は国の要を賭けた真剣勝負。そしてそれを望むものは誰も居ない。恐らくレオ自身、望まぬ戦争なのではないでしょうか。
「フロニャルドの戦争は、平和で無ければならない」。そういったのはガウル。人が死んではいけないし、不幸になってはいけない。でもだからこそ、文明の発達は遅いというなんと世の中の滑稽なことでしょうか。


半年前から、星詠みで未来が見えるようになった様子のレオ王女。その未来の決定に従い、あるいは抗いながら、必死にミルヒ王女を守ろうとしてきたようです。今回も、ただ彼女を守るという決意が存在しての行動。果たして彼女は、ビスコッティへの宣戦布告で、どのような未来へのアプローチを仕掛けるのでしょうか。それとも、やっぱり「宝剣」がキーアイテムということでしょうか。







画像


さて、シリアス展開に入ったのか、そんな事も無いのか判然としない回となりました。とりあえず、次回からも平和な戦が続くようではあります。
そして今作、1クールで確定のようですね。ダルキアンが追っているもの。フロニャ力と魔物。そして現世での人物……シンクは現世に帰らねばなりませんし、果たしてこれらをどう巻き込んで包んでいくのでしょうか。それよりも、平和なフロニャルドは今後またいつまで続いていくのか。とにかく来週もミルヒ姫を軸にしつつ、その辺りを追っていきたいです。




次回「開戦の日」

果たして今作は順調にシリアスに向かっている……はず、
あえてそうとは信じずに、ぬるま湯に浸り続けられることに期待するぜ!

DOG DAYS 2(完全生産限定版) [DVD]
アニプレックス
2011-08-24
TVアニメ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS 2(完全生産限定版) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ランキング参加中!
クリックしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
秋葉原ネット

"DOG DAYS EPISODE7「宣戦布告」 感想"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: