織田信奈の野望 第一回「信奈とサル」 感想

画像


おっぱいが揺れない甲冑は甲冑ではありません。
公式サイトはこちら


あらすじ
突然、戦国時代にタイムスリップしてしまった高校生の相良良晴。
合戦の真っ只中で足軽のおっさんに救われるも、なんとそのおっさんが流れ弾に当たって討ち死にしてしまった。おっさんの名は木下藤吉郎。
「木下藤吉郎って、豊臣秀吉じゃねーか!」
歴史が変わったことに動揺する良晴だったが、今度は騎馬武者に襲われている一人の美少女に出会う。
彼女こそ、天下を目指す尾張の姫大名、織田信奈であった!





全国の紳士淑女の皆様ごきげんよう。今期は織田信奈の野望という事で、書いていきたいと思います。
それでは今期もよろしくお願いします。



はじめに一つだけ言っておくと、私自身は史実に関してまったくもって疎いので、今作が戦国アニメとしての見地から見て云々とかそんな事は一切触れることはできませんので、そういった視点で期待している人は今すぐBack space推奨。まぁ、このブログを見ている層がそんな大層なものを求めてるとは思えないけどね。


正直、戦国武将女体化なんてのは今じゃ腐るほどのコンテンツになっておりますし、そんなものはどうでもいいのです。TV東京系列で放送された戦国女体化アニメである、戦国乙女、そして現在放送中の戦国コレクション。この2作がもう素晴らしき名作であるということはもはや周知の事実であるでしょうそうにちがいない。そういった意味で、テレ東第3の戦国女体化アニメということで、偉大なる三本柱を築いて欲しいと、そういう願いが有るわけです。
……というのも本当は建前で、実際は今期のロリブヒ枠ということで期待しています。グヘヘ。その辺の理解をいただきたいですね。


とりあえず、例に上げて2作と、今作の違いについて洗ってみましょう。
主人公が男であるという事。そして武将全員が女では無いということ。キマシ系統でドラマを繰り広げた戦国乙女とは違い、皆大好きハーレム系統に期待できそうですね。
そして後者の設定も実に面白いところ。本作は戦国武将が女性である必然性はなく、あくまで偶然家計の血を引くのが女性であった、という世界観ということが特徴です。礼賛すべき遺伝子の奇跡に万歳。




画像


そんな事で本編も洗いましょう。時は戦国。何故か戦国時代にタイムスリップしてしまった主人公良晴。何故タイムスリップしたのかはよくわかりません。そして聞くところによると別にこれからも特に明かされないとかなんとか。
まぁそんな細かいところは気にしても仕方ありません。とにかく、戦国時代にタイムスリップしたらしいのです。というより、この戦国時代が、本当にただのタイムスリップなのか、それとも並行世界的なものなのか、というところは少し気になりますね。
個人的には織田信長が例の肖像画のような冴えないおっさんだったっていうより、金髪美少女だったっていう説を断然推薦したいね。若本規夫の第六天魔王でもいいけど。
歴史のイメージから、唯我独尊のキャラ付けが多い織田信長という武将。しかし本作は良晴が呼び捨てにするのをある程度スルーしたり、彼の提案を素直に聞き入れたりと、気難しいイメージよりも気丈な生娘という印象が前面に出ていて好印象。まぁどこぞの信長は秀吉と一緒にお米の王国に迷い込んだりしてますが、最近は織田信長というイメージそのものも随分フリーダムになってきましたね。今度は織田信長が引っ込み思案で泣き虫な幼女にしてみてはどうだろうか?(提案)






画像


すいません調子のりました……あ、ありがとうございます!!






1話は導入ということもあり、キャラクターが簡潔に紹介されていたのも視聴者に優しいですね。
完全創作と違って、あくまで戦国という大原作がありますから、昔勉強をしてこなかった私のような浅学視聴者にとって、この人物相関は嬉しいものなのです。まぁ流石に有名どころの武将ばかりとは言え、こういう気遣いは大切ですよね。



画像


ちょっと気になった伊達政宗。なんかアスミス声で喋りだしそうだと思わないか?















画像

画像

画像


て……天国や!!!ここは天国だったんや!!!
戦国時代が群雄割拠の戦の時代と言うのは、実はこの楽園を隠蔽するための巧妙な工作だったのだ!
しかし幼女に興味がない(キリッとか言っちゃうあたり、この主人公は全国のロリコン達を敵に回した。私はロリコンではありませんが、正直その感性は人生の8割は損してると思うよ。
そしてこの五右衛門………………







ただの金朋やんけ!!

もっとBLACK LAGOONのグレーテルみたいな役をしてくるのかと思ったら、そのまますぎておじさんビックリしちゃったよ。




さて、とことで第1話。内容自体はスマートにまとまっていて手堅く面白いですね。ビジュアルからは読み取れない、意外にも堅実な史実に基づいた作りにも少し驚いています。気になったのは、良晴の歴史への介入について。よくあるタイムパラドックスに基づくなら、良晴がタイムスリップしたからこそ今の歴史が形成された、という図式になるでしょうか。良晴自身、秀吉の代理というポジションとして成っていくようですしね。
あとはどうして信奈だけ女性の名前になってるのに他の武将の名前はそのままなのかというツッコミとか、甲冑なのにおっぱいが揺れるっておかしいだろとかいう野暮なツッコミどころはありますが、何度もいうようにそんな事は一切どうでもいいです。私は豚になりたい。

というか、本作最強の牙城であるだろう半兵衛ちゃんの登場までおちおち寝ても居られないね。しかも中の人は小倉唯というじゃないか。ロリ+小倉唯。まさに勝利は確約されている。あとは時を待つのみ……でも予告見た限りだと来週もでる気配がないんだけど……。

うおおおおおおおおおおおおおお!!はやくきてくれぇーーー!!!





次回「織田家、お家騒動」



織田信奈の野望 (GA文庫)
ソフトバンククリエイティブ
春日 みかげ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 織田信奈の野望 (GA文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"織田信奈の野望 第一回「信奈とサル」 感想"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: