咲-Saki 全国編 第7話「注目」 感想

画像

カメラさんもっと下です



今回は中堅戦の途中から、副将戦突入までが描かれます。
どうやら全国編は1クールらしいとの事で、OPでドヤ顔してるガイトさんの出番が無さげなんですがそれは……。



画像

画像


中堅後半、相変わらず協力して強い和了りを即効で潰す胡桃と春。とはいえ二人も敵同士。お互い狙えるところではきっちり狙っていきます。
胡桃に限っては黙聴、すなわちリーチや鳴きをせずに和了ることを得意としており、聴牌の気配をほとんど感じさせない。特に能力を持っているわけではないですが、ある意味では一番オカルトっぽいとまで部長に言わせるほど。加えて部長の悪待ちに関してもきっちり対応する事のできる柔軟性もあり、一筋縄ではいきません。



画像

画像

画像

今回の卓は、咲にしては非常に珍しく、全員が無能力者(部長が怪しいけれど)という卓でしたが、こういった実力を備える胡桃ちゃんや、相手の気配を察して素早く流す春。 そしてそんな小手先の技を受け付けない、無能力者中最強との声も高い愛宕ネキ……と、かなり見応えのある戦いとなりました。春の速攻戦法を平然と打ち倒して、格が違う宣言するゴネキさんちょーかっけーんすよ。でも胡桃ちゃんのせいでイマイチしまらない!そんな強豪たちを相手に、心底部長が楽しそうで何よりです。




画像



急に歌うよ~

中堅戦が終わったあとでも、皆卓を立とうとしない4人。祭りの後の、ずっとそこにいたいような感覚。部長の心情に反映されたように、麻雀を楽しむ、ということが主軸におかれた戦いになったのではないでしょうか。ぐう畜な能力者もいないのでのびのびと出来たしね。どこかの麻雀って楽しいとかいってる魔王にも見習ってほしいですね。バカみたい!ちなみに中堅戦は、結果としてはまさに愛宕ネキの一人勝ちの様相。アニメでは打ちの細かいところまで見えないのでどうしても若干印象が弱めになってしまいますが、それでもとりあえず強いということはわかったんでいいんじゃないでしょうか(適当)


ここまで見てきてなんとなくわかったのは、思った以上にゴネキがアニメ向きのキャラではないのかもしれない、という事でしょうか。
アニメの流れの中で淡々と演出されるより、漫画の、一コマごとにドヤ、と登場して抑揚がつけていくスタイルの方が彼女はより一層似合うのかもしれません。麻雀描写も細かいので、ピンと来ない部分の強さもわかりやすくなっています。でもアニメはアニメで喋って動いて無尽蔵に喋くり散らすゴネキもまた魅力的で可愛いから流石やろー。
愛宕ネキと一日こたつでまったりしてたい。





画像

画像

画像



そんな愛宕ネキの七面六臂の活躍を中心に比較的、というか大分まともだった中堅戦とは打って変わって現れたのは、副将戦の人たち。
なんかもうその面子を見た瞬間……あっ(察し)となりそうな面々。主におっぱいお化けとか痴女とかエトペン殺人とかラディッツとか。
中でも痴女こと永水のはっちゃんは、遂に空間まで捻じ曲げ始めたもよう。その力は麻雀にどう役立つんですかねぇ……。亜空カンでもするんでしょうか。
しかし永水女子はガチオカルト集団ですねぇ……神道ってすごい(小学生並みのおっぱい感想)


画像


おっぱい的には完全に勝負ありな4人ですが、痴態という意味ではちっこい方も負けてない、むしろ凌駕してる節があるのでノーカウントです。ならばフェアに麻雀で競うしかありません。全国の舞台でも安定のおはのどっち。彼女は嶺上を和了するだけの機械、コークスクリューするだけの機械と並んで、黙々とデジタル打ちするだけの機械という3大機械の一人ですね。
周りがどれだけ妖怪大戦争を繰り広げていても、自分のペースで黙々と打ち続ける機械の鑑。ある意味で宮永照と対峙させてみたい人物の一人ですね。


画像


一方、妖怪大戦争側を代表するのははっちゃんこと薄墨初美ちゃん。登場時点でもうアレなので、これまた察しという状況ですが……どれくらいアレかというと、スカウターもといモノクルを曇らせる程度に物理的な影響を与えます。妖気駄々流しですね。
スカウターつけてる塞さんは塞さんで、何かの策があるらしいですが、それはまた次回までのお預けです。どうせなら、彼女のかっこいいシーンまで1話の中で見たかったですが……難しい配分ですね。




画像


そんなオカルトとオカルトっぽいのとデジタルお化けの地獄絵図の中に放り込まれる愛宕ネキの妹絹枝ちゃん。完全にキマシってる。ボクなら耐えられないね。キャーコワイー。
妹より優れた姉など……ということは姉が優れすぎているのでないですが、おっぱいでは勝ってるのでまぁ問題ないでしょう。かくして、爆VS巨VS並VS無乳のおっぱい戦争が起こるのは、また次回のお話です。





画像

画像


そんなわけで、来週から副将戦です。例によって例のごとく、副将戦以降は濃度が高いです。次鋒戦とは何だったのか……。それでは今回はこの辺で。







問題のシーン



画像




やっぱ完全に痴女ですわ……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

咲-Saki- 全国編 第7局「注目」 感想
Excerpt: ※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。 ------------------------------------------------------------------------..
Weblog: 趣味人の宿部屋
Tracked: 2014-02-25 03:16

咲-Saki- 全国編 第7話 「注目」 感想
Excerpt: 面向不背―
Weblog: wendyの旅路
Tracked: 2014-02-25 19:43

咲-saki-全国編:7話感想
Excerpt: 咲ーsakiー全国編の感想です。 副将戦はじまる。
Weblog: しろくろの日常
Tracked: 2014-02-26 23:22